芸能

「スポーツ王」テニス対決、とんねるずの「イージーミス」に視聴者がイラ立ちまくり

20160112tonnerzu

 新春の1月2日、とんねるずが有名アスリートたちとスポーツで競い合う、正月恒例のバラエティ特番「夢対決!2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル」(テレビ朝日系)が放送されたわけだが、対決種目の1つであるテニスで、錦織圭と彼のコーチであるマイケル・チャンがとんねるずの対戦相手として参戦した。

 しかし、石橋貴明が「(とんねるず)2人でやるのは時間のムダ」と言い放ち、即座に自チームの助っ人として、14年の全米オープンの覇者マリン・チリッチと、01年ウィンブルドン覇者で現在はチリッチのコーチを務めるゴラン・イワニセビッチを呼び、4対2の変則ダブルスマッチへと変更。試合が始まると、錦織らゲストたちはとんねるずの技量に合わせてみごとに試合メイク、その場を盛り上げた。

 ところが終盤になると、プロたちの高速ラリーはもちろんのこと、錦織はバギーホイップショット、チリッチは205キロのサーブを炸裂させるなど、もはや遊びを通り越し、とんねるずは完全に置いてきぼり状態に。それはそれで世界レベルのテニスで視聴者をクギ付けにしたわけだが、そうなってくると番組の都合上、ときどきしゃしゃり出てくる、とんねるずのイージーミスの連発が視聴者のイライラを募らせてしまったようだ。

「とんねるずなしのダブルスに変えてほしい」「お前ら2人がムダ」「うわーっ、とんねるず邪魔くせえ」など、ネットの書き込みも苛立ち状態に。とくに終盤の高速ラリー中のボールに手を出し、ミスをした石橋には「超シラけた」「全然笑えない」「ラケットの握り方が違うんですけど」と、まさに怒り心頭。番組のホストがすっかり“お呼びでない”存在に。試合後に感想を求められたイワニセビッチが「とんねるずはテニスやめたほうがいい」とジョークを飛ばすと、これに対しては喝采の嵐となってしまったのだ。

 バラエティ好きが笑えず、スポーツファンも欲求不満では、企画は完全に失敗。五十路も半ばにさしかかったとんねるずの2人に頼らず、スポーツバラエティ特番も新たに練り直すときがきたのかもしれない。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も