社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「夏でも増えている空咳の正体は?1週間以上続くなら咳ぜんそくを疑え」

20160630w

 以前は風邪といえば、冬の季節に多い病気と言われていましたが、最近では夏風邪にかかる人が増えました。あなたの職場の周囲にも、いつまでもゴホゴホと咳をする人がいませんか?

 ここで質問です。痰の出る咳と長期の空咳では、どちらにより重大病の危険性が高いでしょうか?

 意外と皆さん、ご存じないのが、痰の“正体”です。痰とは、肺へのウイルスの侵入をやっつけようと白血球が働いた結果のゴミであり、インフルエンザなどの感染症になると痰の量も多くなります。一般的には抗生物質で治療できるため、病院で治療しやすい症状です。

 一方、痰の出ない空咳の症状が長期化する場合は注意が必要です。代表的な例としては、咳ぜんそくが挙げられます。咳により気管支が痛めつけられる症状が長期間続くことで風邪と勘違いしてしまいがちですが、風邪薬ではなく気管支ぜんそくの薬に切り替えると治まります。また、ぜんそくと聞くと一生続くイメージがありますが、一過性の異形ぜんそくなのでキチンと治療すれば恐ろしい病気ではありません。

 咳ぜんそくを疑う期間の目安としては、1週間以上咳が続く場合は、医療機関を訪ねるべきでしょう。

 いずれにしても咳ぜんそくが近年増えている要因としては、アトピーなどのアレルギー疾患が増えていることもさることながら、忙しい現代社会では病院で診察を受ける時間が捻出できないといった事情や不景気の昨今、風邪ぐらいでは病院に行かないといった経済的な要因も考えられます。

 同様に梅雨の時期に気をつけていただきたいのが、夏型過敏性肺炎です。この病気は痰の出ない咳から始まり、息切れを起こして呼吸困難が続きます。原因は梅雨の時期に生える白いカビ(トリコスポロン)です。このカビは温度が20度以上、湿度が60%以上になると繁殖をし始め、胞子をたくさん飛ばし体内に侵入して肺炎を引き起こします。古くなった木や畳、カーペットなどに生えやすく、キッチンの床下やお風呂・脱衣所など風通しの悪い場所も要注意です。

 築年数が古いほうがリスクも高く、古い木造住宅のほか、陽当たりの悪いマンションでも起きやすくなっています。

 カビが繁殖した場合、家の中にいると症状がひどくなります。

 会社や学校では何ともないのに帰宅すると咳が出る、1日家にいると咳がどんどんひどくなる、こんな場合は夏型過敏性肺炎を疑ってください。

 一般的には気管支拡張治療などの薬剤で治ることは治りますが、帰宅すると体調を崩すことから、抜本的な治療方法として「引っ越し」や「建て替え」を選択する患者さんも少なくありません。台所の床のフローリングが腐っていてカビの温床になっていたことから、床をリフォーム。2週間ほどウイークリーマンションに移り住んでいる間はまったく症状が出なかったというケースでは、リフォーム後にまったく咳が出なくなるといった例も報告されています。さらに言えば、咳が出たからといって、室内の湿度を調整する場合も注意が必要です。インフルエンザなど感染症の咳では加湿器が有効ですが、夏型過敏性肺炎は加湿器が逆効果となります。

「風邪は万病の元」と言われますが、これは間違いで、正しくは「万病の初期は風邪にそっくり」というのが実際の臨床現場の実感です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”