事件

ツキノワグマ「山林の人喰い現場」を決死ルポ!(3)100メートル先から覗いた黒い塊

20160630z3rd-2

 人喰いグマの最期もまた壮絶だった。前出の鹿角警察担当者と市の有害鳥獣駆除担当職員の証言が緊迫した模様を伝える。

「遺体の捜索隊がヤブに入ったら、姿は見えなかったものの近くでクマのうなり声が聞こえてきたので、危険を感じて一度ヤブを出ました。その後、上空からヘリで捜索したところ、ご遺体の位置が確認できた。その時点では周囲にクマがいなかったので再度ヤブに入って収容作業を開始したんです」(鹿角警察署担当者)

 しかし、作業中にヘリから驚愕の情報が届く。

「我々から15メートルのところにクマが現れてこちらをうかがっていたそうです。作業の手を早め、爆竹で威嚇しながら、何とか撤収しました」(前出・鹿角警察担当者)

 破裂音やヘリのホバリングの大きな音にも動じないクマなど、これまでの常識では考えられない、と捜索隊員たちは畏怖を覚えたという。

 遺体収容後、警察の捜索隊は撤収。県の許可が下り、地元猟友会に緊急招集がかけられた。現場に直行したのは7人。そこに市の駆除担当職員も同行した。

「クマはご遺体から離れていたんですが、周囲に木の皮を剥いだ跡などの生活痕跡がありました。そこに罠を仕掛けようということで、3人が自宅に取りに戻ったんです。どういうふうに仕掛けるかを話し合っていたら、メンバーの一人が、ヤブからこちらをのぞく黒い塊を見つけました」

 その“作戦会議”は、県道に止めた車の脇で行われていた。そこからヤブまでの距離は、約100メートル。1人が顔を出したクマに、ライフルの銃口を向けた。

「1発目の銃声のあと、クマの体がビクッと跳ねて逃げる様子が見えました。残っていた4人のメンバーが小走りで距離を詰め、2発目、3発目の発砲で、クマの動きが止まり、その場でバタバタと暴れ始めたんです」(前出・駆除担当職員)

 4、5、6発と発砲を重ね、徐々にクマの動きが鈍る。そして、至近距離から7発目の銃弾が放たれ、クマは動かなくなった。

「動きが止まってからも、慎重に観察し、銃身の先で突いたりしてもまったく反応しなくなってから、絶命を確認しました」(前出・駆除担当職員)

 こうして、いったん事件は終息を見た。しかし驚くべきことに、現場付近では事件後もネマガリダケを求めて入山者が絶えない。ネマガリダケの買取業者・北林俊介さんによれば、

「事件前とあとで私たちが買い取る量はあまり変わっていない。もちろん田代平だけではないですが多い日は1トンぐらい集まります。警察がテープやひもで道を封鎖しても、それを破って採りに行く人はいますね」

「自分だけは大丈夫」という根拠のない自信があるのだろうか。作家・増田俊也氏は、果てない「タケノコへの執念」に警鐘を鳴らす。

「北海道では、ヒグマの足跡や糞が発見されただけで、学校が休校になる。あの極真空手の創始者・大山倍達先生ですら、『体重10キロの猫に襲われたら、日本刀を持っていても勝てないだろう』とおっしゃっています。ましてやクマですよ。野生動物への認識が甘すぎると思います」

 今年、ツキノワグマの目撃情報は全国で報告されている。第二、第三の人喰いグマ事件が起きないことを祈るばかりである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”