芸能

死ぬまでに一度は触れたい芸能界美バストをチェック!(2)ベテラン女優は由美かおる強し

20161027bb

 今が盛りのトップ女優に肉薄したのが、2人の大ベテラン女優だ。3位の由美かおる(65)には、美パイ党の組織票が流れ込んだ。

「丸みを帯びた程よい美しいバストに癒やされます。あの色ツヤからすれば、さぞや感度もいいに違いありません」(73歳・福祉)

「老い知らずの上向きにツン立ち乳房に、日本人として誇りを感じる。混浴して背中を‥‥ついでに前も流してさしあげたい!」(68歳・工務店)

「水戸黄門」の入浴シーンの印象は、いまだに強烈に残っているようだ。

 続いて4位はオールド巨乳ファンなら放っておけない、納得のかたせ梨乃(59)。

「最後の晩餐ならぬ最期のSEXは、かたせさんでお願いしたい。上になり下になってハッスルすれば、最後の一滴までしぼり取られてしまいそう。それでも、彼女とならそのまま昇天しても悔いはありません」(62歳・造園)

 この他にも、燃え盛るセックスを期待する声が多かった。映画ライターの松井修氏が、ベテラン躍進の理由を分析する。

「ハイソな由美かおるに対して、庶民派美巨乳がかたせ梨乃と言えます。かたせはデビュー当初から『11PM』のカバーガールなど、グラマラスな肢体を売りにしてきましたが、映画では『極道の妻たち』が代表作となります。特にクライマックスで、世良公則が襲われ瀕死状態になってもなお、かたせのたわわなオッパイを吸い続けるという壮絶なシーンがあります。若い頃のパツンパツンに張り切ったお尻と、寄せて上げなくてもドーンと突き出たバストは圧倒的な迫力。今でも人気が高いのもうなずけますね」

 ベテラン2人の後塵を拝して5位にランクされたのが、綾瀬はるか(31)だ。

「ふだんはセックスのことなどおくびにも出さないクセに、実は服の下にはやたらいいおっぱいを隠している──そんな感じのOLみたい。もてあました極上おっぱいの使い方を教えてあげたい」(52歳・管理職)

 その極上パイにニアミスしたのが、松井氏だ。

「映画会社の狭い廊下ですれ違ったのですが、胸の開いたドレス姿の中には、みごとなグランドキャニオン級の大渓谷が広がっていました。近すぎて正視できませんでしたが、天然キャラで有名な綾瀬です。バストも間違いなく天然でした」

 6位は長澤まさみ(29)。

「美顔、美乳に手足の長いボディと、まさにハリウッド女優のようなエロスがあります。特に映画『モテキ』での乳揉み艶技で、エロかわいい路線に転じてからは、どんどん魅力を増しています。5位の綾瀬さんにも言えますが、映画で乳首を見せるような全裸濡れ場に体当たりすれば、魅力がさらに開花するのは間違いない」(徳光氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】