スポーツ

本田圭佑、「プロフェッショナルらしからぬ」大ミスでフルボッコに!

 ロシアW杯本大会の開幕まで1カ月を切り、いよいよ西野朗新監督率いるサッカー日本代表が5月21日に合宿初日を迎えた。

 5月30日にキックオフを迎える強化試合のガーナ戦に向け、西野監督や原口元気、香川真司といった主力メンバーが次々に宿舎へ集結するも、ただひとり、本田圭佑だけが集合時間になっても現れず、いきなりの“5分遅刻”となったことを「東スポWeb」が報道。最高級ミニバンに乗った本田が丁寧なファン対応を終えた後にロビーへ入って行ったことが伝えられると、この振る舞いに対し、ネット上では多くの非難が飛び交う事態となった。

「まず、本田圭佑が今回の最終候補メンバーに選出されている時点ですでに多くのブーイングがありましたが、さらに“遅刻報道”が出たことでファンの怒りが沸点に達したようです。ネット上には《これがW杯に臨むベテランの態度か?》《遅刻した奴が律儀にファン対応するとか 笑》《真剣に戦う気があるなら初日から遅刻は絶対にしない。いつからこんな態度になったんだか》《もういいよ、本田さん。さすがプロフェッショナルですね》といった声が集まっています。また、先日のNHKでの《プロフェッショナルとはケイスケホンダ》という迷言を引き合いに出し、《遅刻する奴は今日からケイスケホンダ》などの皮肉コメントを残す者もチラホラ。こういった野次を吹き飛ばすような本田のピッチ上での輝きを期待したいですね」(スポーツライター)

 確かに時間を守らなかったことがチームの士気に影響をもたらす可能性は否めないものの、2010年から3大会目を数える本田の経験値はやはり日本の武器。5分の遅刻を覆す最高のプレイとゴールでロシアの地を熱くしてもらいたいところだ。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング