芸能

「万引き家族」カンヌ受賞で気になるあの美女たちの名「艶演技」!

 カンヌ映画祭で「パルム・ドール」を受賞した「万引き家族」。上映会場では約9分ものスタンディングオベーションを巻き起こした話題作に華を添えたのが、安藤サクラ(32)と松岡茉優(23)が魅せた渾身の体当たり演技だった。

 安藤は夫役のリリー・フランキーを相手にいきなりキスを要求したかと思えば、馬乗りになって体を求めるシーンも…。そして松岡はといえば、制服姿であられもない痴態を客に見せつける「女子高生を見学するクラブ」で働く場面で、ピンク色のアンダーウエア姿をおしげもなく披露しているのだ。だが、歴代のカンヌ受賞作を振り返れば、多くの“レジェンド女優”たちがギリギリの演技で観客を魅了していた。

 さかのぼること21年前にパルム・ドールを受賞した今村昌平監督の「うなぎ」(松竹・97年)で、ワケありの女を演じるのが清水美沙(47)。映画中盤では薄明かりの寝室で、田口トモロヲ(60)を相手に激しい“腰振り演技”を披露。

「ア~、アァ~ン」

 清水はイヤイヤするように首を振って悶えまくる。快感に耐え切れなくなった清水はその声が同居する家族に聞かれないように、毛布を口に噛んで歓喜の声を押し殺すのだ。

 同じく今村作品「黒い雨」(東映・89年)では、当時三十路の故・田中好子が広島・原爆投下直後に被曝した女性の壮絶な半生を好演するとともに、入浴シーンでは、そのまっさらな上半身がスクリーンいっぱいに映し出される。

 5月29日発売の「週刊アサヒ芸能」では、歴代の「カンヌ女優」の演技を総チェック。あき竹城(71)、倍賞美津子(71)、京マチ子(94)ら日本が世界に誇る大女優の名演技にフォーカスを当てている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策