芸能

チャートがおかしい!?「BTS」全米初登場1位に嫌韓アンチの猛烈嫉妬

 素直に快挙だと思うけど…?

 このほど、アメリカの有名音楽専門媒体「ビルボード」の6月2日付けヒットチャートで、KポップアイドルのBTS(防弾少年団)の最新アルバム「Love Yourself: Tear」が総合アルバムチャートを意味する「Billboard200」で初登場1位の快挙を果たすことが発表された。アジアのアーティストで総合アルバムチャートで1位を獲得するのは史上初。最近では、日本のBABYMETALのランクインが記憶に新しいが、ベビメタは初登場39位。ブレイクのレベルの違いはあきらかで、BTSが全米を制したといってもいいはずなのに…。

「このニュースがネット上にアップされると快挙に祝福の声が山盛りになるかと思いきや、嫌韓ネット民のブーイングやディスりが次々と書き込まれるのが先でした。はっきり言えば、妬みや根拠のない言いがかりばかりです」(CD&DVD専門誌記者)

 記者を唖然とさせたというコメントを拾うと、「コリアンタウンの同胞が買っただけ」「順位をお金で買いました?」「シングルヒットがないのにアルバムが初登場1位はチャートがおかしいだけ」「たった13万枚で1位なんて価値ないでしょ」「1位になるような曲じゃない」「グループ名がダッサい」「アメリカも終わった」「今回だけ組織票はOKなんですか?」など、確かにまともに取り合うのもはばかられる言いがかりばかりが目立つ。

「ちなみに、チャートをお金で買うようなことはビルボードではないですよ(笑)。アメリカでは各都市別のチャートがあるし、全米全体で何位かなんて気にしている音楽ファンはほとんどいません。あくまで業界のバロメーターです。BTSに関しては、辛口業界紙のローリング・ストーン誌でも特集記事が組まれていましたし、先日のビルボード・ミュージック・アワードでもテイラー・スウィフトとの共演が話題になるなど、十分にアメリカの若者たちが興味を持つムードはあった。そんな状況を知ってか知らずか、いまだに1963年に『上を向いて歩こう』で全米シングルチャート1位を獲得した坂本九さんを持ち出して、BTSより坂本さんほうが凄いと書き込んでいる人がとても多くて驚きました。比べてどうするんだと(笑)。逆に、日本では坂本さんを超える人が誰も出てきてないという虚しささえ感じるほどです」(前出・CD&DVD専門誌記者)

 記者いわく、ベビメタも初登場39位の翌週は150位台までランクを一気に落としたが、現在のアルバムチャートの注目は2週目なのだとか。もしBTSが1位を獲得した翌週に順位が20位以下まで落ちるようなら、実際は一部のマニア人気という域を出でいないとも考えられるという。はたして結果はいかに。それでも、アルバム初登場1位はやっぱりすごいのでは?

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」