社会

歯茎の敵!爪楊枝は世界の非常識だった

 飲食店ではテーブルに置かれ、弁当の割り箸にも付いている、おなじみの爪楊枝。実はこの爪楊枝も、歯を守る観点で考えると、マイナス面が大きいのだとか。その理由が、あの丸い形と硬さにある、と説明するのは健康ライターだ。

「丸い爪楊枝は世界的に見ると、オードブルなど料理用に使われるのが一般的。硬すぎるため、無理に歯の隙間に入れるとかえって歯茎を痛めるとして、外国人は使わないんです」

 そのため、海外で歯の掃除に使われるのは、平楊枝で、英語の「TOOTH PICK」は、このタイプを指すのだとか。

 細長い形の平楊枝は歯と歯の間に入りやすく、汚れを取りやすいという特徴がある。健康ライターが続けて言う。

「あまり強度がないため、使用時に力を入れるとすぐ折れてしまいますが、それ以上歯に負担がかからないので、歯や歯茎を傷つける心配がないことから、欧米ではこれがスタンダード。レストランなどでは会計をする場所に包装された平楊枝が置かれていて、肉料理を食べる文化が背景にあるからか、ミントやシナモンなどの香りがついたタイプが主流のようです」

 実はこの平楊枝、大正時代に日本にも入ってきたらしいのだが、丸くて硬い楊枝に慣れた日本人の間では浸透しなかった。

「平楊枝が最適ですが、それがない場合は、紙を切って丸めて楊枝を作ればいい。丸楊枝を使うより、そのほうがよっぽど歯肉に優しい。歯は一度失ったら元には戻りません。だから欧米人は、自分の歯を守ることに対して真剣です。楊枝一つで歯茎に対する刺激には雲泥の差がある。日本人も、自身のデンタルケアを見つめ直してみるべきですね」(健康ライター)

 たかが爪楊枝、されど爪楊枝──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点