社会

歯茎の敵!爪楊枝は世界の非常識だった

 飲食店ではテーブルに置かれ、弁当の割り箸にも付いている、おなじみの爪楊枝。実はこの爪楊枝も、歯を守る観点で考えると、マイナス面が大きいのだとか。その理由が、あの丸い形と硬さにある、と説明するのは健康ライターだ。

「丸い爪楊枝は世界的に見ると、オードブルなど料理用に使われるのが一般的。硬すぎるため、無理に歯の隙間に入れるとかえって歯茎を痛めるとして、外国人は使わないんです」

 そのため、海外で歯の掃除に使われるのは、平楊枝で、英語の「TOOTH PICK」は、このタイプを指すのだとか。

 細長い形の平楊枝は歯と歯の間に入りやすく、汚れを取りやすいという特徴がある。健康ライターが続けて言う。

「あまり強度がないため、使用時に力を入れるとすぐ折れてしまいますが、それ以上歯に負担がかからないので、歯や歯茎を傷つける心配がないことから、欧米ではこれがスタンダード。レストランなどでは会計をする場所に包装された平楊枝が置かれていて、肉料理を食べる文化が背景にあるからか、ミントやシナモンなどの香りがついたタイプが主流のようです」

 実はこの平楊枝、大正時代に日本にも入ってきたらしいのだが、丸くて硬い楊枝に慣れた日本人の間では浸透しなかった。

「平楊枝が最適ですが、それがない場合は、紙を切って丸めて楊枝を作ればいい。丸楊枝を使うより、そのほうがよっぽど歯肉に優しい。歯は一度失ったら元には戻りません。だから欧米人は、自分の歯を守ることに対して真剣です。楊枝一つで歯茎に対する刺激には雲泥の差がある。日本人も、自身のデンタルケアを見つめ直してみるべきですね」(健康ライター)

 たかが爪楊枝、されど爪楊枝──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
3
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」
4
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
5
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!