芸能

着けてない!? 長谷川京子、白のタンクトップ姿に世の男たちの心臓バックバク

 勘違いとわかっていても、ドキドキせずにはいられない。

 長谷川京子が7月8日に自身のインスタグラムを更新。白のタンクトップ姿で撮影した写真を公開して、思わぬ形で世間の注目を集めている。長谷川は定期的にその日のコーディネート写真を公開していたが、この日は白のタンクトップに、赤いラインが縦に入った白のストレートパンツという素人では着こなしが難しそうな奇抜ファッションを披露。さすがモデルとあって、タンクトップを着用したことでスタイルの良さが際立っているが、男たちの視線が釘付けになったのはバスト。そのあたりを見ると、左右のふくらみから胸の先端と思わしき部分が凸状に浮き出てしまっていて、その写真を見て、大興奮する男たちが多いようだ。

「アンダーウエアを付けていないという疑惑が浮上したこの写真を、ファンとしては“ポッチ”と信じたいところですが、肩部分を見ると、タンクトップの下にはアンダーウエアと思しき黒のヒモが確認できるため、残念ながら突起はアンダーウエアの跡なんでしょう。しかし、ファンからは『じゃないにせよ、艶っぽいな~』『バストの突起だと思わせてくれ』『この写真は今後もお世話になるだろうな』『夫が死ぬほどうらやましい』などといった声が上がるなど、そんな事実関係なしに大盛り上がりのようだ」(エンタメ誌ライター)

 現在は2児の母となり、すっかり芸能人オーラがなくなってしまったと言われている長谷川だが、かつては女性ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルとしてブレイクし、2004年にはCM出演数が1位に輝くなど絶大な人気を誇っていただけに、今でも根強いファンをキープしているようだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像