芸能

石原さとみより梅沢富美男!?「ズバッと聞きます!」が「高嶺の花」に大肉薄

 石原さとみ主演の水曜ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)の第2話(7月18日)が9.6%だったことが分かった(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)。第一話が11.1%であるから1.5ポイントダウンとなる。

「『高嶺の花』は脚本家・野島伸司が手がけています。ただし、彼による作品と触れ込んだところで、今の視聴者がどのくらい興味を持ってくれるでしょうか。ちなみにこの物語は石原さとみ演じる華道家の月島ももが、峯田和伸扮する自転車店主の風間直人に恋をする“格差”ラブストーリー。ただ、これまで様々な“格差恋愛モノ”を見てきた視聴者にとっては、もはやこの程度では満足しなくなっているでしょう」(芸能ライター)

 アラを探せばきりがないが、このドラマと対してこの日、8.2%と1.4ポイント差に迫ったのが同時間帯に放送されていたバラエティ番組「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)だった。いったい、この日どんな内容が放送されていたのだろうか?

「本を出せば売上100万部、講演会を開けば1500人が集まるという今大人気の体操コーチ・菊池和子が特集されていました。年齢は84歳ですが、その見た目は60代そのもの。50年間自ら研究してきた独自のメソッドによる『体操』法で、通うシニア女性の老眼や関節リウマチなどを緩和・改善してきたそうです」(前出・芸能ライター)

 だが、それは前半まで。後半は梅沢と、今やすっかり準レギュラーとなった長嶋一茂による“時事放談トーク”だった。

「サッカー日本代表の次期監督についてや、高校バスケの試合中、コンゴの留学生選手がファールを下した審判を殴打した事件などを熱く語っていましたが、その途中、梅沢がいきなり『好きな司会者1位になった』と自慢したり、一茂が先物取引で2000万円の被害に遭った話をするなど本題から脱線しっぱなしでした」(前出・芸能ライター)

 いずれにしてもこの猛暑の中で、撮影に臨む石原さとみも、梅沢と一茂を前に視聴率が減らされてしまったら、ヤル気も失せてしまったかも。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!