芸能

高嶋政宏、「刑事7人」新シーズン不在は“Mっ気カミングアウト”の影響か!?

 7月25日放送の「刑事7人」(テレビ朝日系)第3話に片岡愛之助演じる山下巧刑事がゲスト出演することが話題になっている。山下刑事といえば前シリーズの最終回で東山紀之演じる天樹悠刑事らを苦しめていた“最大の敵”だったことが発覚。正体が明るみになったことで山下刑事は自分自身に銃を向け、暗闇の中で銃声が鳴り響くというショッキングな結末を迎えていたため「山下は生きていたのか?」と驚かれているようだ。

 しかし、山下刑事とは別の意味で驚かれているのが、高嶋政宏演じる沙村康介刑事の不在だ。沙村刑事は放送中の新シーズンから唐突に姿を消してしまったため、「刑事7人」ファンの間では8月10日から上演される音楽劇舞台「俺の骨をあげる」に高嶋が客演するための“新シーズン不在”ではないかという意見もあがっている。

「沙村刑事は仲間の刑事が危ない捜査に手を出しても『自分が全責任を取る』という責任感の強さと仲間をまとめる“頼りがいのあるリーダーシップを発揮できる男”として人気が高かったんです。それだけに、新シーズン不在に落胆の声が出るのも納得です。しかし一方では、この間、高嶋が、徐々に男らしいキャラとは真逆ともいえる素顔をバラエティ番組で見せていることが微妙に影響しているのではないかという見方が出てきているんです」(女性誌記者)

 たとえば、2016年1月27放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演し、公開直後だった映画「信長協奏曲」の撮影の際に、設定が戦国時代で撮影が殺伐とするのではないかと思い「通販でバラムチを買って、柴崎コウさんに叩いてもらおうと思って」と妙な発言。さらに同じ年の11月24日放送の「アウト×デラックス」(フジ系)では熱く“性の責めと受け”について語った。

「その後はバラエティ番組に出演しては妻で女優のシルビア・グラブに食事を作るのは当たり前で、一糸まとわぬ姿で風呂から出てきたシルビアの濡れた身体を拭くなど『ボクはシルビアのしもべ』などM気質であることを公言するようになっています。そのせいで『刑事7人』での男らしいキャラでの出番がなくなったのかという一部のうがった意見もあるんです」(前出・女性誌記者)

 去る7月23日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジ系)では“変態グルメ王”の肩書きで登場した高嶋。このまま奇抜キャラ、もしくはMキャラとしての地位を確立していくのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント