芸能

高嶋政宏、「刑事7人」新シーズン不在は“Mっ気カミングアウト”の影響か!?

 7月25日放送の「刑事7人」(テレビ朝日系)第3話に片岡愛之助演じる山下巧刑事がゲスト出演することが話題になっている。山下刑事といえば前シリーズの最終回で東山紀之演じる天樹悠刑事らを苦しめていた“最大の敵”だったことが発覚。正体が明るみになったことで山下刑事は自分自身に銃を向け、暗闇の中で銃声が鳴り響くというショッキングな結末を迎えていたため「山下は生きていたのか?」と驚かれているようだ。

 しかし、山下刑事とは別の意味で驚かれているのが、高嶋政宏演じる沙村康介刑事の不在だ。沙村刑事は放送中の新シーズンから唐突に姿を消してしまったため、「刑事7人」ファンの間では8月10日から上演される音楽劇舞台「俺の骨をあげる」に高嶋が客演するための“新シーズン不在”ではないかという意見もあがっている。

「沙村刑事は仲間の刑事が危ない捜査に手を出しても『自分が全責任を取る』という責任感の強さと仲間をまとめる“頼りがいのあるリーダーシップを発揮できる男”として人気が高かったんです。それだけに、新シーズン不在に落胆の声が出るのも納得です。しかし一方では、この間、高嶋が、徐々に男らしいキャラとは真逆ともいえる素顔をバラエティ番組で見せていることが微妙に影響しているのではないかという見方が出てきているんです」(女性誌記者)

 たとえば、2016年1月27放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演し、公開直後だった映画「信長協奏曲」の撮影の際に、設定が戦国時代で撮影が殺伐とするのではないかと思い「通販でバラムチを買って、柴崎コウさんに叩いてもらおうと思って」と妙な発言。さらに同じ年の11月24日放送の「アウト×デラックス」(フジ系)では熱く“性の責めと受け”について語った。

「その後はバラエティ番組に出演しては妻で女優のシルビア・グラブに食事を作るのは当たり前で、一糸まとわぬ姿で風呂から出てきたシルビアの濡れた身体を拭くなど『ボクはシルビアのしもべ』などM気質であることを公言するようになっています。そのせいで『刑事7人』での男らしいキャラでの出番がなくなったのかという一部のうがった意見もあるんです」(前出・女性誌記者)

 去る7月23日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジ系)では“変態グルメ王”の肩書きで登場した高嶋。このまま奇抜キャラ、もしくはMキャラとしての地位を確立していくのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
2
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
3
日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」
4
高橋英樹の「新幹線座席の選び方」に鉄道専門家が唸った!「9号車中央右側」は喫煙ルーム廃止でどうなる
5
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応