スポーツ

「夏の甲子園第4回大会」優勝行進を拒否した超バンカラな高校とは?

 米騒動が原因となって開会式直前に中止となった1918年の第4回大会。その翌年に開催された第5回大会は、開催前にはほとんどノーマークだった神戸一中(現・神戸)=兵庫=がスイスイと勝ち進んで優勝する展開となった。予選が始まるころにサードだった山口弘を急きょ、ピッチャーに転向させる事態にも見舞われたが、逆にこれでチームが団結し、士気が高まったのもチーム快進撃の要因となった。さらに県予選で本命視された関西学院中(現・関西学院)が途中敗退したことも追い風となっていた。神戸一中は甲陽中(現・甲陽学院)、神戸二中(現・兵庫)、神戸商といった強豪を撃破し、全国大会へと駒を進めたのである。

 その本番の1回戦は和歌山中(現・桐蔭)に3‐1と逆転勝ち。2回戦の慶應普通部(現・慶應)=東京、現在は神奈川県へ移転=は3‐0、準決勝の盛岡中(現・盛岡第一)=岩手=に対しても8‐0と急造エースの山口が連続完封し、何と初出場で決勝戦に進出してしまったのだ。

 決勝戦の相手は長野師範(現在の信州大学教育学部)。長野師範のエース・山崎は変化球を駆使する好投手だったが、連投のため疲労がたまっていた。その疲れを見抜いた神戸一中打線は2回裏に3安打し2点を先制。6回表には長野師範打線の長打攻勢で一度は同点に追いつかれたが、8回裏に神戸一中打線が山崎を一気に攻略。5点を奪うビッグイニングを作り、これが決勝点となった。粘る長野師範も最終回に2点を返すが、山口が踏ん張り、7‐4で優勝旗を手にしたのである。

 この神戸一中、実は試合後に行われた閉会式で“ちょっとした事件”を起こしている。地元・兵庫県勢として初優勝を果たした偉業を讃え、同時にスタンドの大観衆へのサービスも兼ねてこの年から閉会式のトリを飾る場内一周の優勝行進が行われるようになったのだが、それを拒否したのである。その理由は神戸一中ナインいわく「我々は母校のために頑張ったのだ。見世物じゃない」と“文武両道”のバンカラ気風が横溢した時代を反映したものだった。もちろんこれは長い夏の選手権大会の歴史の中でも最初で最後のケースである。当時主将だった米田信朗はのちに「やはり若かったのですね」と、当時を振り返っている。ちなみに神戸一中はその後も何度か出場しているが、優勝はできなかったので、現在に至るまで一度も場内一周をしたことがない。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!
5
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!