芸能

激甘・激辛・激スッパ!丸山桂里奈、仰天食生活は長年のストレスの反動だった

「国民栄誉賞返してくんない?お前の分だけ返せ」とお笑い芸人、有吉弘行がマジ顔で言い放ったのは、元なでしこジャパンのメンバー、丸山桂里奈だ。史上初のFIFA女子ワールドカップ世界一を獲得する原動力として活躍し、2016年に現役引退後、タレントに転身した。その丸山が7月26日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演して、「驚愕の私生活」をぶっちゃけた。

「意表を突いた突拍子もない発言がおもしろがられ、バラエティ番組に呼ばれるようになった丸山は、裏表のない素直な性格ながら行動や言動はとびきりの“不思議ちゃん”です。現役時代15年間は節制、我慢、不自由を絵に描いたような日々の連続だったようですが、特にきつかったのが食生活で、食べるもの、食べる量がきっちり決められており、好き勝手に食べられなかったそうです。たとえば、月~木が鶏肉で、金土が白米など炭水化物オンリー。ストレスたまりっ放しですよね。その反動で引退して2年近く経つというのに、トンデモな食生活が続いているそうです」(テレビ誌記者)

 番組では、丸山の私生活に密着。自宅を訪問すると、台所には大量のアイスクリームと駄菓子が買い置きされていた。自炊していると言いながら、食べたのは、激辛カップラーメン。驚いたことに、1口すすっては、チューブ入り練乳をチューチュー吸いあげる。週2ペースで通う回転寿司店では、魚卵系の寿司(とびっこ軍艦)、エビ天やなすなどお気に入りメニューにマイマヨネーズをかけてぱくつく。苦手なマグロなどの魚介系寿司はわさび醤油に15分浸し、ヅケにしてパクリ。甘いメロンソーダをぐびっと飲んでみせた。

「極めつきだったのは、“お酢ドバドバ”ラーメン。店で大好物の塩ラーメンが届くや、備え付けてある酢をぶっかけたんです。1本空になるまで。スタジオでゲストの高嶋ちさ子がこのラーメンを食べさせられ、『死ぬ』と絶叫。丸山も吐き出しかけましたが」(芸能ライター)

 試合のために摂る栄養=食事が180度転換。食事に求めるものは今や刺激しかないという。そのため激辛と激甘を交互に食し、何にでもマヨネーズをたらすマヨラーと化した。長年虐げられた食生活のリバウンドとはいえ、何とも恐ろしい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕