芸能

激甘・激辛・激スッパ!丸山桂里奈、仰天食生活は長年のストレスの反動だった

「国民栄誉賞返してくんない?お前の分だけ返せ」とお笑い芸人、有吉弘行がマジ顔で言い放ったのは、元なでしこジャパンのメンバー、丸山桂里奈だ。史上初のFIFA女子ワールドカップ世界一を獲得する原動力として活躍し、2016年に現役引退後、タレントに転身した。その丸山が7月26日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演して、「驚愕の私生活」をぶっちゃけた。

「意表を突いた突拍子もない発言がおもしろがられ、バラエティ番組に呼ばれるようになった丸山は、裏表のない素直な性格ながら行動や言動はとびきりの“不思議ちゃん”です。現役時代15年間は節制、我慢、不自由を絵に描いたような日々の連続だったようですが、特にきつかったのが食生活で、食べるもの、食べる量がきっちり決められており、好き勝手に食べられなかったそうです。たとえば、月~木が鶏肉で、金土が白米など炭水化物オンリー。ストレスたまりっ放しですよね。その反動で引退して2年近く経つというのに、トンデモな食生活が続いているそうです」(テレビ誌記者)

 番組では、丸山の私生活に密着。自宅を訪問すると、台所には大量のアイスクリームと駄菓子が買い置きされていた。自炊していると言いながら、食べたのは、激辛カップラーメン。驚いたことに、1口すすっては、チューブ入り練乳をチューチュー吸いあげる。週2ペースで通う回転寿司店では、魚卵系の寿司(とびっこ軍艦)、エビ天やなすなどお気に入りメニューにマイマヨネーズをかけてぱくつく。苦手なマグロなどの魚介系寿司はわさび醤油に15分浸し、ヅケにしてパクリ。甘いメロンソーダをぐびっと飲んでみせた。

「極めつきだったのは、“お酢ドバドバ”ラーメン。店で大好物の塩ラーメンが届くや、備え付けてある酢をぶっかけたんです。1本空になるまで。スタジオでゲストの高嶋ちさ子がこのラーメンを食べさせられ、『死ぬ』と絶叫。丸山も吐き出しかけましたが」(芸能ライター)

 試合のために摂る栄養=食事が180度転換。食事に求めるものは今や刺激しかないという。そのため激辛と激甘を交互に食し、何にでもマヨネーズをたらすマヨラーと化した。長年虐げられた食生活のリバウンドとはいえ、何とも恐ろしい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
5
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!