芸能

ファンから悲しみの声!欅坂46今泉佑唯、「卒業発表」までの“葛藤”とは?

 予兆こそあったが、とても貴重なメンバーだっただけにグループに与える影響もかなり大きいだろう。

 欅坂46の今泉佑唯がグループから卒業することを8月7日、公式ブログで発表し、ファンからは悲しみの声が上がっている。

 今泉は〈この度、私なりに悩んだのですが、とても心苦しい決断をせざるを得なくなってしまいました〉と前置きし、〈私は欅坂46を卒業します〉と発表。詳しい卒業日程は決まっていないものの、11日からスタートする全国アリーナツアーへの不参加も明らかとなっている。また、今後はタレントとして活動していくとのこと。

 昨年4月から同年8月まで体調不良を理由に活動を休止していたものの、活動再開後はグループの絶対的エースである平手友梨奈が不在時のライブではWセンターの一角を務めるなど、完全復活を果たしたかにも思えた今泉だったが、グループがこれからまた1つ階段を上っていくタイミングで卒業という決断を下したようだ。欅坂が2016年4月にデビューして以降、グループからメンバーが卒業するのは今回が初めてのこと。

「今泉は握手会でのファン対応がいいことから、欅坂の釣り師とも呼ばれていた人気メンバーですが、加えて、欅坂の中で最も歌唱力が高いメンバーとも知られています。また、『笑わないアイドル』とも表現されたりとクールなイメージがある欅坂の中でも笑いのツボが浅く、グループの冠番組では常に笑っているイメージもあったため、ファンに癒やしを与える存在でもありました。それだけに卒業第1号のメンバーがよりによって今泉ということにはファンもショックを隠し切れないようですね。名前が同じ読みの『ゆい』の小林由依とのユニット『ゆいちゃんず』も2人ならではのハーモニーを奏で、欅坂とはまた違った楽曲が魅力的でしたが、必然的にこちらも解散ということになりますから、ただただ残念ですよね」(アイドル誌ライター)

 今泉の卒業がわかるとツイッター上で今泉の愛称である「ずーみん」がトレンド入りするなど、今泉の卒業を悔やむ声が連打された。

しかし、ファンの中には今泉の卒業を予期していた人も多いようだ。

「現在は平手がセンターとして固定されていますが、今泉はセンター願望があると公言していた野心家ですから、世間から欅坂が平手とその他メンバーといった感じの見られ方をされてしまうのをとにかく嫌っていました。そのため、いつまでも“平手推し”な方針に心苦しさは感じていたのかもしれません。また、集団の中で活動するのもどちらかといえば苦手なタイプだったため、活動を一時休止したことでメンバーとの間に微妙な空気が流れていたことも事実。本人も一時は卒業を考えていた時期もあったことを明かしていましたね。そんなこともあって、ファンによっては今泉の卒業については警戒していましたが、卒業発表2日前の5日深夜に約1カ月ぶりに更新したブログでは、デビュー当時の写真と、活動を再開した直後の写真をアップしたうえで、『懐かしい~素敵な思い出たち』と、受け取り方によっては意味深な内容を綴っていましたから、そこで卒業を確信したファンも多かったようですね」(前出・アイドル誌ライター)

 とはいえ、引退は本人が決断したこと。残されたアイドルとしての活動期間に悔いのないよう、ファンとしては応援したいところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察