芸能

吉岡里帆、視聴率目当ての安易な肌見せ演出で制作陣と大揉め!?

 吉岡里帆のナマ肌も視聴率テコ入れには効果がなかったのか。8月14日に吉岡の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第5話が放送され、視聴率はシリーズ最低の4.8%に沈没。5%割れという危機的な水準にまで落ち込んだ。その低迷ぶりに吉岡と制作陣との間から“不協和音”が聞こえるようになっているという。

「何より吉岡が怒っているのは第3話にて必然性の薄い入浴シーンをやらされたこと。吉岡は高校時代から演劇養成所に通い、大学生時代は自主映画にも参加するなど、熱い気持ちで女優業に臨んでいます。今回のドラマは社会的なテーマを扱っていることから本人の意気込みには並々ならぬものがありました。それゆえ視聴率稼ぎという安直な理由から入浴シーンをやらされたことに、本人は相当不本意だったようですね」(業界関係者)

 ドラマの世界では、視聴率の低迷が出演者と制作陣の間に溝を作ってしまうのはよくあること。しかし今回は、制作陣の分が悪いようだ。

「吉岡とて自分に肌見せが期待されていることは理解しており、何が何でも出したくないわけではないはず。しかし第3話の入浴シーン公開では『切り札』を出すのが早すぎたうえ、続く2話で崖を転がり落ちるように視聴率が急落しており、まさに“脱ぎ損”です。これでは制作陣にちゃんとした見通しや戦略がないことの表われと捉えられても致し方ない。打ち切りも検討と言われる本作ですが、いざ打ち切りとなると吉岡の女優キャリアに傷がつくのは明らか。せっかくの社会派ドラマに意気込んでいたのに、これでは吉岡にとっては二重に裏切られたも同然でしょう」(前出・業界関係者)

 もはや吉岡と制作陣の確執をドラマにしたほうが、よっぽどおもしろい作品ができるのでは?

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛