芸能

吉岡里帆はやはり脇役向き!?「ケンカツ」でやたらと可愛く見えたワケとは

 やっぱ吉岡里帆って可愛いじゃん!そんな声も決して褒め言葉ではなかったという。8月28日に放送されたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第7話では主演の吉岡を差しおいて、同僚役の川栄李奈が出ずっぱり。初めて同ドラマを観た人であれば、川栄の主演ドラマだと思ったに違いなさそうだ。その回についてテレビ誌のライターが指摘する。

「生真面目なケースワーカー役を務める川栄は今回、いつもにも増してニコリともしない堅物役を徹底し、能面のような仏頂面を通していました。その川栄は『なんで他の人は自然に笑えるのだろう』との悩みを抱えており、ケラケラと笑いながら相談者に対応する吉岡がうらやましく見えるというシーンもありました。すると仏頂面とのギャップ効果なのか、吉岡の笑顔がまるで光り輝いているかのように見えるじゃないですか。さらに白シャツの胸元が盛り上がり、Eカップという数字以上の豊かさをアピール。視聴者からは『吉岡、最高じゃね!?』との声もあがっていたようです」

 一方で終始キツい表情を見せていた川栄も、ラストシーンでは自然な笑顔を披露。その姿には思わず「かわええ!」との言葉が口を付いた視聴者も少なくなかったはずだ。そんな激カワシーンについて、テレビ誌のライターが続ける。

「喜怒哀楽のすべてを表現しなければならない女優には、笑顔だけでなく険しい表情でもきっちりとした演技が求められます。その点で川栄は今回、両方の顔をしっかりと使い分けることができていました。それに対して吉岡は『こんな彼女が欲しい!』と思わせる愛らしさを醸し出すことには成功していたものの、いざ真面目な顔つきの場面では演技の固さが目立っていたのです。小悪魔的な表情には定評のある吉岡ですが、可愛さや艶っぽさといった“女らしい演技”は得意という評価に甘んじているのが現状。表現力という面では正直、川栄のほうが上だったと言わざるを得ないでしょう」

 いずれにせよ視聴者にとっては、可愛い女優二人の笑顔を堪能できたという点で、今話は当たり回だったのかもしれない。

(金田麻有/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!
3
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」
4
上沼恵美子、「更年期障害」以上にブチ切れた「武智の一言」とは?
5
生放送中にまさか! 乃木坂46白石麻衣、齋藤飛鳥のヒップタッチにファン興奮