芸能

吉岡里帆はやはり脇役向き!?「ケンカツ」でやたらと可愛く見えたワケとは

 やっぱ吉岡里帆って可愛いじゃん!そんな声も決して褒め言葉ではなかったという。8月28日に放送されたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第7話では主演の吉岡を差しおいて、同僚役の川栄李奈が出ずっぱり。初めて同ドラマを観た人であれば、川栄の主演ドラマだと思ったに違いなさそうだ。その回についてテレビ誌のライターが指摘する。

「生真面目なケースワーカー役を務める川栄は今回、いつもにも増してニコリともしない堅物役を徹底し、能面のような仏頂面を通していました。その川栄は『なんで他の人は自然に笑えるのだろう』との悩みを抱えており、ケラケラと笑いながら相談者に対応する吉岡がうらやましく見えるというシーンもありました。すると仏頂面とのギャップ効果なのか、吉岡の笑顔がまるで光り輝いているかのように見えるじゃないですか。さらに白シャツの胸元が盛り上がり、Eカップという数字以上の豊かさをアピール。視聴者からは『吉岡、最高じゃね!?』との声もあがっていたようです」

 一方で終始キツい表情を見せていた川栄も、ラストシーンでは自然な笑顔を披露。その姿には思わず「かわええ!」との言葉が口を付いた視聴者も少なくなかったはずだ。そんな激カワシーンについて、テレビ誌のライターが続ける。

「喜怒哀楽のすべてを表現しなければならない女優には、笑顔だけでなく険しい表情でもきっちりとした演技が求められます。その点で川栄は今回、両方の顔をしっかりと使い分けることができていました。それに対して吉岡は『こんな彼女が欲しい!』と思わせる愛らしさを醸し出すことには成功していたものの、いざ真面目な顔つきの場面では演技の固さが目立っていたのです。小悪魔的な表情には定評のある吉岡ですが、可愛さや艶っぽさといった“女らしい演技”は得意という評価に甘んじているのが現状。表現力という面では正直、川栄のほうが上だったと言わざるを得ないでしょう」

 いずれにせよ視聴者にとっては、可愛い女優二人の笑顔を堪能できたという点で、今話は当たり回だったのかもしれない。

(金田麻有/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”