芸能

クロちゃんが出血!?松本人志の「パワハラ番組」は本当にセーフなのか

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が9月19日、Amazonプライム・ビデオにて配信された新企画「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE」の記者会見に出席し、同番組に多分に「パワハラ要素」が含まれていることを認めた。

 Amazonプライム・ビデオでは、“最後まで笑ってはいけない”「ドキュメンタル」に続く松本人志のプレゼン企画第2弾として、“最後まで動いてはいけない”「FREEZE」なる斬新な企画を発表し、初回のゲストにはタレントの鈴木奈々やボビー・オロゴン、諸星和己、安田大サーカスのクロちゃんなどが登場。

 松本が仕掛ける様々な仕掛けに耐え抜き、最後まで体を動かさずにノーリアクションを貫いた者に賞金100万円を授与するという今回の企画について、松本は「人選が良かったし、みんながそれぞれの個性を出してくれた」とコメント。これに対し、諸星は「悪く言えば(今回の企画は)パワハラ。今は第三者委員会に(判断を)委ねてますから」と反論し、過激な内容だったことを嘆いている。

「松本が今回のFREEZEを『もし本当に第三者委員会の審議が入ったら完全にアウト。本気で訴えたら全員勝てると思う』と語ったように、一歩間違えば大ケガしかねないような仕掛けもあります。最も危なかったのは出演者の顔にちょっかいを仕掛ける小型ドローンの接近でしょう。実際、クロちゃんの頭に小型ドローンのプロペラ部分がかすり、機体が墜落する事態に見舞われ、直後にはクロちゃんのおでこ部分に完全な切り傷のような赤い痕が残ってしまいましたからね。松本は“パワハラ”という言葉だけにとどめていますが、番組のせいで参加者が負傷しているようではいくらAmazonの番組といえども問題提起されるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 地上波放送のコンプライアンス至上主義から脱するべく、Amazonのオンデマンド配信というステージに光明を見出しつつある松本。だが、行き着く先に芸人の負傷とパワハラのオンパレードが待ち受けているようでは、さすがに番組継続も長くは持たない可能性もあるのでは…?

(木村慎吾/写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
ついに完熟の極みに!深田恭子 カレンダー写真で明らかになったボディの変化