芸能

ホリプロ3姉妹「覇権戦争16年」を生実況!(1)綾瀬はるかは「義母娘」で300万円に

 末娘・さとみが「スカウトキャラバン」でグランプリを受賞してから16年、三姉妹女優はホリプロ内でシノギを削り続けてきた。次女のはるかが連ドラで高視聴率をマークすれば、長女・恭子は写真集でオリコン1位に輝き‥‥。ジャニーズタレントをも巻き込んだ覇権戦争をナマ実況する。

 現在、日本を代表する女優となった「ホリプロ三姉妹」こと綾瀬はるか(33)、石原さとみ(31)、深田恭子(35)。華々しい活躍で所属事務所に莫大な利益をもたらす一方、その舞台裏では、対抗心を剥き出しにし、張り合っているというのだ。

 テレビ関係者が語る。

「彼女たちは芸能界でも指折りの『数字を持っている女優』。ただでさえ比べられがちなのに、同じ事務所ということで常にシビアな比較にさらされているため、三者とも『他の2人には負けられない』と強烈なライバル心を持つようになりました。先日、話題になった石原による『号泣スピーチ』は、きわめて象徴的な出来事ですね」

 この「号泣スピーチ」は、9月上旬に行われたドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)の打ち上げの席で目撃された。

「石原がスピーチで『勝てなかった』『悔しい』『全責任は私です』と語って大泣きしたんです。確かに、11%台だった初回と最終回を除き、1桁台で低迷してしまった。スタート前は『平均15%超えも目指せる』と各所で評判だっただけに、石原が悔しがるのもわかりますが、大泣きにまで至ったのは“あのドラマ”を意識していたからこそですよ」(テレビ関係者)

 石原がマークしていた作品が、綾瀬主演の「義母と娘のブルース」(TBS系)。初回の11.5%から尻上がりに視聴率を上げ、最終回は番組最高となる19.2%を記録して有終の美を飾った。テレビ関係者によれば、今春、「高嶺の花」がクランクインした際の挨拶で石原は、

「『義母と娘のブルース』だけにはゼッタイに負けません!」

 と、わざわざ作品名を挙げてスタッフに宣言するほどのイレ込みようだった。

「ああ見えて石原は有言実行タイプで、なみなみならぬ思い入れで撮影に臨みました。いざ蓋を開けてみれば、初回こそ同じ11%台で横一線のスタートだったものの、その後、みるみる引き離されてしまった。ライバルの綾瀬に完敗し、石原のプライドはズタズタに引き裂かれたのです」(テレビ関係者)

 当然ながら、視聴率競争の結果は「ギャラ」に反映されることになる。ホリプロ三姉妹の収入事情について、広告代理店関係者が明かす。

「これまで綾瀬、石原ともにドラマ出演ギャラは1本250万円程度と同クラスだったのですが、『義母と娘』の大ヒットで綾瀬が頭一つ抜け出すのは確実。一部では『来年度には300万円に到達する』との見方もあります。現在は深田も1本230万円程度と近い位置につけていますが、ドラマのギャラでは、『綾瀬勝利』は間違いないでしょう」

 CM出演料でも熾烈な争いを繰り広げている。

「現時点でのCM年間契約のギャラだと、綾瀬が8000万円、石原と深田が6000万円といったところで、ここでも綾瀬の優位は変わらない。ですが、最近になって序列をひっくり返しかねない激変の兆しが見えてきているんですよ」(広告代理店関係者)

 台風の目になっているのが、三姉妹の中でも最年長の深田だという。

「このところ、スポンサー企業の最注目は深田ですね。綾瀬や石原と比べても倍近い出演オファーが殺到していて、その大半を断らざるをえないという異常事態が生じているんです。人気に比べてギャラが割安ということもあるのですが、なによりアノCMのインパクトが絶大で、『ウチにも出てほしい』との声が企業側から続出しているんです」(広告代理店関係者)

 はたして、深田の株を押し上げた、問題のCMとは──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴