芸能

次はあのメンバー!?乃木坂46、西野七瀬と若月佑美の連続卒業発表に不安の声

 立て続けの卒業発表とあって、ファンも大きな衝撃を受けているようだ。

 10月1日、乃木坂46の若月佑美が同日更新した公式ブログで、11月30日をもってグループを卒業することを発表した。乃木坂では2018年だけでグループ結成初期でセンターを務めた生駒里奈をはじめ、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織といったメンバーたちが卒業。さらに先月には「絶対的エース」の西野七瀬も年内でグループを卒業することを発表。11月14日に発売されるシングルでは西野がセンターを務めることが発表されているが、同作を最後に2人の人気メンバーが卒業するということに乃木坂ファンも大きな衝撃を受けているようだ。

 また、一部のファンの間ではさらに卒業ラッシュが続くことを予感している人も多いようだ。

「シングル『ジコチューで行こう!』の発売を記念したスペシャルイベントが来年2月に行われることが今年8月に発表されていましたが、そのイベントには西野、若月が参加しないことも発表されていました。そのため、西野、若月以外に参加しない井上小百合、能條愛未ら1期生メンバーが卒業してしまうのでは?と心配する声が見受けられます。というのも、こういった開催予定のイベントに参加しないと告知されていたメンバーがのちに卒業発表をするということは珍しいケースではないからです。芸能界を引退した元メンバーの橋本奈々未も、初センターを務めたシングルの握手会イベントで自身の誕生日以降に開催される握手会イベントに不参加であることが告知され、ファンの間で卒業を心配する声が上がり、案の定、その後、そのシングルが“卒業シングル”となることが発表されていましたね」(アイドル誌ライター)

 そのため、ファンたちから「七瀬だけでも辛いのに若月も卒業とか乃木坂どうなっちゃうんだ」「本人たちが決めたことだから応援したいけど、これ以上卒業メンバーがでてくるのは耐えられない」「さゆにゃんも卒業するのはイヤだな」などといった悲しみの声が連打されている。また、乃木坂のメンバーは生駒に西野、若月とブログで卒業を発表することが多いため、もうメンバーのブログを見るのが怖いというファンもいるぐらいだ。

 4期生加入を控えており、世代交代の流れが強まりつつあるが、だからこそファンとしては今の乃木坂の姿を強く目に焼き付けておきたいところだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒