政治

「徴用工裁判で“何でもあり”ぶり再露呈」韓国を黙らせるワザを識者が公開!

 またぞろ始まった韓国による日本への嫌がらせ。今度は、慰安婦でなく徴用工という戦時中の労働者への補償問題だ。すでに解決済みの問題を俎上に挙げて「厚顔クレーマー」ぶりを発揮。韓国の裁判所も国民感情に忖度して賠償請求を認める判決をした。もはや何でもありの隣人を黙らせる必殺ワザはないものか? 「西郷どん」よろしく「新・征韓論」で文在寅政権を成敗する!

 去る10月30日、信じられない判決が韓国の最高裁にあたる大法院でくだされた。戦時中に「強制労働させられた」と訴える元徴用工1人あたり1億ウォン(約1000万円)の賠償を当時の雇用主であった新日鉄住金に命じたのだ。

 外信部記者が証言する。

「いわゆる徴用工とは、第二次世界大戦中、日本の統治下にあった韓国で日本企業によって労働者として徴用された人たちのこと。この徴用工に対する補償問題は1965年の日韓請求権協定で“解決済み”だったはず。ところがこの協定を事実上、反故にして賠償を命じた判決をこのタイミングでくだした背景には、韓国の文在寅大統領による日本政府に対する嫌がらせの意図があったのは明白。北朝鮮政策で“反目”である安倍総理に対する挑発行為に他ならない」

 この判決に対し、安倍首相は国会で「国際法に照らせばあり得ない判断。国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に毅然として対応していく」と断言し、徹底抗戦の姿勢を打ち出したが、島根県・竹島を不法占拠するなど、これまでも幾度となく“反日暴走”を繰り返してきた韓国だけに、慰安婦や徴用工など、象徴的な問題で、今後も国際社会における日本失墜を企てることは想像に難くない。今回の徴用工問題で日本に対する「やりたい放題」が極まった感すらあるが、それにしてもいったい、どのようにすれば彼らを黙らせることができるのか──。

 11月13日発売のアサヒ芸能11月22日号では、経済評論家やコラムニストまで、様々な角度から韓国を糾弾。口うるさい韓国を黙らせる必殺ワザを紹介している。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
2
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
3
天海祐希が主演ドラマスタッフに「朝まで大激怒」(3)激怒の裏にライバルの存在
4
レギュラー番組で「大不調」!嵐・大野智に何が起きた?
5
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ