芸能

ディズニーがHIKAKINに声優をオファーした“クレバーな戦略”とは?

 ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)が12月21日公開のディズニー最新作「シュガー・ラッシュ:オンライン」で、警備員ストームトルーパーの声優を担当することが分かった。

「シュガー・ラッシュ:オンライン」は13年に日本で公開された「シュガー・ラッシュ」の続編に当たり、第1作目は全世界で4億7000万ドルを超える興行収入を記録した大ヒット作で、オンラインゲームの世界でヒーローになることを夢見る悪役のラルフによる奮闘と冒険を描いたファンタジーアドベンチャー大作だ。

 ネット上における小学生・中学生のカリスマであるヒカキンは映画声優デビューということもあり、長尺のセリフを与えられたわけではないものの、本人は「満足いくまで録らせていただきました」「声のトーンを落としたり、そこに合った雰囲気かつ、僕っぽさも出たら良いなと思いました」と謙虚に収録を振り返った。

「世界的大ヒット作の続編という期待作だけに、当然ながら今回もコアなディズニーファンだけでなく、多方面から“なぜヒカキンに任せる?”との疑問が飛び交い、ネット上でも『いくら好意的に見ても彼がうまいとは思えない』『声優を目指してスクール通って高額支払って頑張ってる人達が可哀想』との反応が集まっています。しかし、最近は世間の“映画館離れ”が進み、ネットでは簡単に海賊版が流出してしまう時代ですから、配給会社もこれまでのような正攻法ではやっていけないというのが現状でしょう」(映画誌ライター)

 加えて、やはりディズニーがヒカキンに最も期待するのは作品のニーズにマッチした年齢層の“ズバ抜けた集客力”だろうか。

「ディズニー作品は主に小学生前後の若い世代から絶大な支持を受けており、ヒカキンの動画を日々再生している層とほぼマッチしています。また、両者ともに親が安心して見せられるコンテンツであるという点も一致し、そんな“ディズニーが求める客層”のリストをヒカキンはチャンネル登録者という形で合計1000万人以上も保有しているんです。加えて、彼を起用することで公開日が近づけば積極的に本人主導のもとで1000万人を相手に『シュガー・ラッシュ:オンライン』の存在を告知でき、テレビコマーシャル並みの訴求力を期待することもできますからね」(前出・映画誌ライター)

 大量の濃厚な見込み客に作品をPRすることもでき、なおかつ、声優としての経験の無さが作品の醍醐味に悪影響を及ぼすことのないよう、脇役のオファーに留めたディズニー側のクレバーな戦略が発揮された格好だ。

 今回の“声優・ヒカキン”によるディズニー作品への進出は、他の多くのベテラン声優陣に冷や汗をかかせることになるかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?