芸能

人気女優8人「ヒップ奉仕なサバイバル戦略」をバラす(2)菜々緒は「打倒・佐々木希」から…

 米倉主演の「リーガルV」にライバル弁護士役として出演する菜々緒(30)も、美脚に注目が集まりがちだが、ヒップへのこだわりはハンパではない。テレビ関係者が菜々緒のヒップ秘話を明かす。

「芸能界最強のパーフェクトボディと称される彼女ですが、以前は今ほど完成されたヒップではなかった。モデル業界でも『脚は完璧だけど、ヒップはそれなりの程度』という評判でした」

 当時の菜々緒のヒップはスタイルはいいものの、平べったい典型的な扁平尻だったとか。そんな菜々緒の転機となったのは、4年前のドラマ出演だという。別のテレビ局スタッフが語る。

「フジテレビ系ドラマ『ファーストクラス』で共演した佐々木希(30)が“お尻のライバル”となり、菜々緒のヒップを大きく変えたと言われています。二人は現場で互いのヒップの形を比較し合っていたそうなのですが、佐々木のヒップがボリューム・形・弾力などあらゆる面で完成されていて、見るからに自分が劣っていたことに、菜々緒は大きなショックを受けたといいます。そこから『打倒・佐々木希』を掲げた尻トレが始まったんですよ」

 美尻のために菜々緒が行ったのは、みずからへの莫大な投資だ。

「以来、彼女は行きつけのエステの特別コースで集中的にヒップを施術してもらっているといい、現在も垂れてこないようにメンテナンスを欠かさない。業界内では『菜々緒がヒップにかけたエステ代は1億円オーバー』という噂もまことしやかにささやかれているほど」(テレビ局スタッフ)

 今や女優としても円熟してきた一方では、パーフェクトボディへの飽くなき探求があったというわけだ。

 一方、自信満々で高らかに「尻で芸能界を勝ち抜く」と宣言するのは藤田ニコル(20)だ。芸能関係者が証言する。

「藤田は雑誌モデル時代から『とにかく尻なら誰にも負けない』と豪語していたのは一部で有名な話です。親しいティーンズ誌編集者には『私がお尻を出せば芸能界で売れる』と自信満々に語っていたようですが、今年の『24時間テレビ』で放送された『芸能界最強!お尻女王決定戦』に登場してビキニで美尻を披露するなど、本当に『藤田ニコル=美尻』で認知されるまでになりました」

 まさに、有言実行のお尻美人となった藤田だが、「最強の尻」には奥の手も用意されている。

「周囲に『仕事がなくなったらお尻をすっぽんぽんで出す』と、『ケツヌード解禁』までアッケラカンと予告しています。きわめてしたたかな美尻戦略の持ち主ですよ」(芸能関係者)

 困った時の尻頼み、とは恐れ入るばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり