芸能

百恵と淳子、“批判”を芝居で封じた

 怪物番組だった「おしん」に次ぎ、NHK朝ドラの視聴率で2位の記録を持つのが「澪つくし」(85年)である。平均で44・3%、最高で55・3%という驚異的な数字だった。

 主演・古川かをる役は沢口靖子だが、その異母姉・坂東律子に扮したのが淳子だった。このシナリオもジェームス三木が担当しているが、淳子との結びつきは「かたぐるま」(79年/日本テレビ)が最初。ここでの淳子はイメージのままに“正統派ヒロイン”だが、「澪つくし」では違ったと三木は言う。

「自由奔放で、社会に目覚めて理屈をこね回すようなインテリな役。彼女の気まぐれな言動から周りを手こずらせるんだけど、これが意外にもピッタリと合っていたね」

 三木は、淳子の女優としての資質は「意外性」にあると思った。お見合いの席でわざとタバコを吸ったり、父親の久兵衛(津川雅彦)と激しい立ち回りを演じる。その演技が、まるで舞台女優のように見えることもあった。「本当に『えっ?』と思うような芝居をやるんだよね。庶民的な感じだけではない一面を出すんだ」

 淳子と三木は、もう1つのひそかな縁がある。淳子がデビューにあたり「サンミュージック」を選んだのは、大ファンだった森田健作がいたことが大きな理由。その森田のデビューは映画「夕月」(69年/松竹)で、役名の森田健作がそのまま芸名になった。この映画の脚本を担当し、事実上の名づけ親となったのが三木だったのだ。

 さて三木と淳子は87年にも大ヒットドラマで仕事を共にする。歴代の大河ドラマで最高視聴率(平均39・7%)を誇る「独眼竜政宗」のこと。

 渡辺謙が演じた伊達政宗の正室・愛姫であり、ヒロインの大役だったが思わぬ “逆風”が吹いた。愛姫の少女時代を演じた後藤久美子の評判があまりに高く、後に「国民的美少女」と呼ばれる一大ブームを巻き起こす。そのため、成長して淳子にバトンタッチしたとたん、ブーイングが聞こえてきたのである。

「そもそも愛姫は正室でありながら側室の猫御前(秋吉久美子)に押さえつけられるかわいそうな役。これをみごとな芝居で演じたことによって、当初の批判を封じ込めていったね」

 三木は2本の大ヒット作のあと、淳子の誕生パーティに呼ばれた。その席でスピーチを求められた三木は、生来の饒舌さと酔った勢いも手伝い、壇上で並んだ淳子にこんな質問をした。

「あなたは“名器”だってウワサがあるけど、本当のところはどうなの?」

 かつて潔癖症で知られた淳子だったが、デビューから15年が経ち、三木の頭をポカリと殴るようなしぐさで会場の笑いに変えたという。

 三木は一時、この2本の大ヒット作の再放送が「淳子の宗教上の問題」を理由に、批判の投書が殺到していた状況を嘆いた。今でこそCS放送を中心に再び視聴は可能だが、それ以上に「女優・桜田淳子」に再会したいと思っている。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然