芸能

18年の漢字は「前」と答え…剛力彩芽、前澤社長の自伝映画出演に活路ある!?

 自身にとっての2018年の漢字を聞かれ、「“前”ですかね」と答えていたのは、ご存知、女優の剛力彩芽。

 彼女はファッション通販最大手ZOZOTOWNの前澤友作社長との交際で、18年を通して何かと話題を提供してきた。「やっと前進できたという感じなので、これからもっと前に進んでいかなきゃと思って」と話していたが、「前」は言うまでもなく、前澤氏の名前の頭文字。それを踏まえて「いろんな意味もありますが」と明かし、交際が順調であることを匂わせる余裕も見せた。気になるのは、そんな剛力のこれからである。

「剛力が話題になるのは、もはや前澤氏とのことばかりで、18年に出演したドラマはテレビ朝日の『家政夫のミタゾノ』の1本のみ。前進どころか停滞か後退というのがリアルなところ。すでにファンの多くも離れているともみられていて、今年は一層厳しい活動状況が続きそうです」(芸能プロ関係者)

 これで別れることにでもなったら、はたして女優・タレントとしての剛力には何も残らないのでは?と心配になってくる。

「スポンサー筋からの信頼も失っており、事務所も積極的な営業活動ができない。折りしも、ランチパックのCMも山崎賢人に交代になったばかり。ただ、ZOZOがスポンサーを買って出てくれれば、その番組やドラマへの出演に障害はありません。また、月旅行をぶちあげた前澤氏にハリウッドが注目していて、その人生の映画化のプランが進行中という話もあり、これには剛力の出演が確実と言われている。結局、前澤氏がらみで生きていくしか選択肢はなくなってきましたね」(前出・芸能プロ関係者)

 となれば、剛力としては、何としても前澤氏をつなぎとめたいところだが、

「彼は、複数の婚外子の存在があることでもわかるように、“子はかすがい”となるタイプではないことは明らか。余裕を見せている剛力ですが、別れてしまえばハリウッド進出もないでしょうし、内心は常に不安と隣り合わせなのでは」(芸能記者)

 今年も、何だかんだで2人から目が離せそうもない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性