芸能

平成「美女スキャンダル」全史(3)<プレイバック>藤田紀子が明かした家族崩壊の一矢

 降りかかった火の粉に対し、オンナたちはどんな言葉を発したのか? アサ芸だけに寄せた「平成の貴重な証言」を厳選する。

 平成と同時に起こった空前の相撲ブームは、若貴を中心とした二子山ファミリーによって形成された。親方夫人として部屋を支えた藤田紀子(71)は、週刊アサヒ芸能97年7月24日号で、こんな爆弾発言を繰り返している。

「若乃花(当時大関)の引退報道が出ましたが、あの人が流したデマだと思います。あの人? 花田勝治さんですよ」

 先代の二子山親方であり、夫(当時)の実兄である。夫人はたまっていた不満をぶちまけた。

「あの人は、いまだに自分に力があるんだ、ということを誇示したくて、こんな話を記者の方にリークしたんじゃないでしょうか。それに、あの人とはほとんどつきあいがないんですよ。もともと、部屋の合併(旧二子山部屋と旧藤島部屋)には、私は反対でした」

 当時、日本一の理想のファミリーと呼ばれた花田家だが、その後は夫婦、親子とことごとく絶縁が続き、今に至る。崩壊の最初の一矢は、週刊アサヒ芸能がキャッチしていたのである。

 さて、斉藤由貴(52)はこれまで、数々の不倫を経験してきた。91年には尾崎豊との不倫旅行をスクープされ、「同志のような関係」と弁明したものの、イメージダウンは莫大だった。

 この騒動の渦中に、斉藤は週刊アサヒ芸能の「ジェームス三木対談」に登場している。不倫騒動に話を振る三木氏に対し、斉藤は言葉こそ発しなかったものの、あの潤んだ瞳で三木氏を見つめ、悠然としたほほえみを浮かべていた‥‥。

 99年、知性派キャスターだった石井苗子(64)は、一大スキャンダルに見舞われた。家庭がある身でありながらファンレターを送ってきた年下男と同棲。その火遊びが終わると、男は一部始終を女性誌に暴露する。これだけに終わらず、同棲していたマンションに投げ込まれたという石井のヌード写真まで公開されたのだ。

 騒動から5年後、石井にあらためてこのことを聞いた。

「あの時のことは‥‥、あまりに逆風が吹いたので、記憶喪失のような感じです」

 否定も肯定もせず、というニュアンスである。

 杉田かおる(54)の破天荒キャラが開花したのは、週刊アサヒ芸能98年12月24日号の「テリー伊藤対談」がきっかけである。

「27歳までちゃんとした彼氏ができなかったんで、それまではゆきずりで、新幹線のビュッフェで飲んでてナンパされちゃって、そのまま東京駅から錦糸町のラブホテル行って、名前も聞かないでサヨナラとか」

 さらに杉田は、男とのセックス中に女が乗り込んできて腰が抜けたエピソードなど、キャノン砲を炸裂させた。テリー対談史上初めて「2週にわたって掲載」となったのも納得であろう。

 一時、グラビア界を騒然とさせたのが「控え室の盗撮被害」であったが、Gカップがまぶしい梶原亜紀(41)も、00年にそれらしき映像が出回った。真相を聞き出すと──、

「はい、あれは間違いなく私です」

 梶原はあっさり事実を認め、その後、ヘアヌード写真集を出したのちに引退している。

 最後は、袴田吉彦との「アパホテル不倫」で話題になった青山真麻(34)である。騒動から約2年、その胸中を明かした。

「彼との出会いは、港区界隈で飲み歩いていた当時、女友達に誘われて参加した美容関係の誕生日パーティー。一夜をともにしたあとネットで調べて、彼が既婚者だと知りました。交際中は真剣に恋愛していたから、後悔はしていません。でも、確かに私はよくないことをして、反省もしました。それからしばらくは荒れた時期もあったし、世間の目が気になって孤独を感じる時もありました。徐々に落ち着き、今の恋人と出会い、結婚を前提に幸せな毎日を送っています」

 乗り越えた幸せということか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(2)ジャニタレ&山田孝之との“関係”
5
沢尻エリカがマジギレ!“ゼッタイ許せない女”を明かし視聴者から共感の嵐