芸能

藤田紀子が直撃取材でしどろもどろになったピース・綾部祐二との「30歳差」自宅密会/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 ロサンゼルスのオシャレな自宅ガレージ前でブランチしながらくつろぐ、お笑いコンビ「ピース」綾部祐二のインスタグラムを見た。綾部はハリウッド進出を目指して、2017年に渡米。現在はロサンゼルスを拠点としているというが、昨年11月には、アメリカで結婚した妻を連れて帰国した。ネットにアップされたスポーツ紙のコメント欄に書かれた〈この人、いったいなにやって食ってるの?〉の疑問に「う~ん、だよね」と思ったものだ。

 それはさておき、綾部がアメリカに発つ前、なんと年の差30歳の熱愛をスクープされた相手が、故・二子山親方の元妻で、若貴兄弟の母親である藤田紀子だった。

 2人は前年5月にテレビ番組で新郎、新婦役として再現ドラマに出演。その後、関係を深めていったという。

 2012年8月、熱愛を報じた「週刊ポスト」の誌面には、綾部が都内の高級住宅地にある藤田のマンションを訪れる際の写真がバッチリ収められており、直撃取材を受けた藤田は、

「仲良くさせていただいております。嫌いな子とはお話しないでしょ、ウフフフ…」

 そう言いながら「頬をピンクに染め、しどろもどろだった」のだとか。

 出演番組などで常々、熟した女性好きを公言していた綾部。藤田についても「好きなタイプ」として挙げていた。

 一方の彼女も二子山親方と離婚する前には、18歳下の青年医師との不倫が報じられたこともあり、口さがない記者からは「熟した女性好きに年下キラーだからなぁ。お似合いのカップルじゃないか」との声が上がっていたものだ。

 2016年10月8日、緊急記者会見を開いてニューヨークに拠点を移すこと発表した綾部は、

「(藤田には)まだしていませんが、報告させていただきます」

 これに藤田も囲み取材で応じ、エールを贈る。

「やると決めた以上、心から応援したい。頑張ってほしいなと思います」

 ただ、綾部の後輩芸人を取材すると、こんな答えが返ってきたのも事実で、

「熟好きと言っていますけどね。若い女性も好きで、とにかくストライクゾーンが広くてモテモテです」

 ワイドショーの取材を受けた綾部の母親も「私と同い年ですよ。ありえないでしょ」と一笑に付したこともあって、30歳差の遠距離恋愛の行方は、まさに神のみぞ知るというところとなったのだが…。

 と、そんな時、ふと見ていた番組に出演する加藤茶が、45歳も離れた綾菜さんの家を訪ねた時のエピソードを明かしていた。

「結婚の許可をもらうために彼女の家に行ったんだけどさ、緊張してトイレ行きたくなっちゃって。で、トイレから出たら、帰ってきたお父さんと鉢合わせになって、『あっ、うちのトイレからカトちゃんが出てきた』って…」

 もし同じシチュエーションになったら、「ありえないでしょ」と語った綾部の母親は、いったいどんな顔をするのか、などといらぬ妄想してしまった。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」