芸能

キンコン梶原、早くも今年4度目のネット批判に晒され“炎上芸人”確定!

 ユーチューバー・カジサックことキングコング梶原雄太が2日連続の炎上を果たし、新たな炎上芸人として注目を集めている。

 1つめの炎上は、評論家の宇野常寛氏から〈イベントで失礼な絡みをされた〉という怒りのツイートだった。宇野氏は2月3日に更新したツイッターで、〈昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った〉と報告。続けて〈こういうヤツがいるからイジメってなくならないんだなと痛感した〉〈やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました〉と、激怒ツイートを連投。

 これに対し、梶原のリアクションがないと思いきや、実はもう1つの炎上でてんやわんやだったのだ。

「4日にカジサック名義でユーチューブにアップした『【ドッキリ】激レアスニーカー100足が…』という動画です。元芸人で現在はカジサックチームのヤスタケのお気に入りのスニーカーを、菓子のスニッカーズに入れ替えるというドッキリを仕掛けたのですが、その際の梶原のスニーカーの扱いが“雑過ぎる”と批判殺到。《コレクターを馬鹿にするな!》となり、謝罪動画を流すまでに至ったのです」(ネットウオッチャー)

 梶原は今年に入り、オリエンタルラジオ中田敦彦のラジオ放送を巡るツイートで炎上、サンシャイン池崎が建て替えた実家を「公衆便所」と発言してまた炎上と、すでに4度も批判にさらされている。

「もともとは相方の西野亮廣の方が炎上芸人として知られていましたが、最近では絵画などの面でその才能が本物であるという認識が広まり、炎上することがなくなった。代わりにイジられるようになったのが梶原です。彼は芸人の間でもイキり癖があることでも有名で、指摘されるとまず反発しなければ気が済まない。炎上させたい側としては格好のエジキで、今後もどんどん“燃料”を投下されますよ」(お笑い関係者)

 今年、何回の炎上記録を残すのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」