芸能

キンコン梶原、早くも今年4度目のネット批判に晒され“炎上芸人”確定!

 ユーチューバー・カジサックことキングコング梶原雄太が2日連続の炎上を果たし、新たな炎上芸人として注目を集めている。

 1つめの炎上は、評論家の宇野常寛氏から〈イベントで失礼な絡みをされた〉という怒りのツイートだった。宇野氏は2月3日に更新したツイッターで、〈昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った〉と報告。続けて〈こういうヤツがいるからイジメってなくならないんだなと痛感した〉〈やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました〉と、激怒ツイートを連投。

 これに対し、梶原のリアクションがないと思いきや、実はもう1つの炎上でてんやわんやだったのだ。

「4日にカジサック名義でユーチューブにアップした『【ドッキリ】激レアスニーカー100足が…』という動画です。元芸人で現在はカジサックチームのヤスタケのお気に入りのスニーカーを、菓子のスニッカーズに入れ替えるというドッキリを仕掛けたのですが、その際の梶原のスニーカーの扱いが“雑過ぎる”と批判殺到。《コレクターを馬鹿にするな!》となり、謝罪動画を流すまでに至ったのです」(ネットウオッチャー)

 梶原は今年に入り、オリエンタルラジオ中田敦彦のラジオ放送を巡るツイートで炎上、サンシャイン池崎が建て替えた実家を「公衆便所」と発言してまた炎上と、すでに4度も批判にさらされている。

「もともとは相方の西野亮廣の方が炎上芸人として知られていましたが、最近では絵画などの面でその才能が本物であるという認識が広まり、炎上することがなくなった。代わりにイジられるようになったのが梶原です。彼は芸人の間でもイキり癖があることでも有名で、指摘されるとまず反発しなければ気が済まない。炎上させたい側としては格好のエジキで、今後もどんどん“燃料”を投下されますよ」(お笑い関係者)

 今年、何回の炎上記録を残すのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!