芸能

キンコン梶原、早くも今年4度目のネット批判に晒され“炎上芸人”確定!

 ユーチューバー・カジサックことキングコング梶原雄太が2日連続の炎上を果たし、新たな炎上芸人として注目を集めている。

 1つめの炎上は、評論家の宇野常寛氏から〈イベントで失礼な絡みをされた〉という怒りのツイートだった。宇野氏は2月3日に更新したツイッターで、〈昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った〉と報告。続けて〈こういうヤツがいるからイジメってなくならないんだなと痛感した〉〈やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました〉と、激怒ツイートを連投。

 これに対し、梶原のリアクションがないと思いきや、実はもう1つの炎上でてんやわんやだったのだ。

「4日にカジサック名義でユーチューブにアップした『【ドッキリ】激レアスニーカー100足が…』という動画です。元芸人で現在はカジサックチームのヤスタケのお気に入りのスニーカーを、菓子のスニッカーズに入れ替えるというドッキリを仕掛けたのですが、その際の梶原のスニーカーの扱いが“雑過ぎる”と批判殺到。《コレクターを馬鹿にするな!》となり、謝罪動画を流すまでに至ったのです」(ネットウオッチャー)

 梶原は今年に入り、オリエンタルラジオ中田敦彦のラジオ放送を巡るツイートで炎上、サンシャイン池崎が建て替えた実家を「公衆便所」と発言してまた炎上と、すでに4度も批判にさらされている。

「もともとは相方の西野亮廣の方が炎上芸人として知られていましたが、最近では絵画などの面でその才能が本物であるという認識が広まり、炎上することがなくなった。代わりにイジられるようになったのが梶原です。彼は芸人の間でもイキり癖があることでも有名で、指摘されるとまず反発しなければ気が済まない。炎上させたい側としては格好のエジキで、今後もどんどん“燃料”を投下されますよ」(お笑い関係者)

 今年、何回の炎上記録を残すのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
3
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?