芸能

竹内結子「QUEEN」低迷の“戦犯”に名があがる制作スタッフの実名とは?

 放送中のドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)は、1月24日に放送された第3話の視聴率が6.4%、1月31日放送の第4話が7.1%だった。

「初回は、好発進とはいかないまでも、2ケタも見える9.3%でスタートした『QUEEN』ですが、いきなり2回目で5.8%と3.5ポイントも下げるという大ピンチに陥りました。その後、少しずつ数字を上げてきてはいますが、不安定感は否めません。主演に竹内結子、脇に水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴と決して悪くない、というよりかなり豪華なメンツなのですが…」(芸能ライター)

 このドラマは1話完結型。また、特に描かなければいけない伏線もない。一時は早期打ち切りすら懸念される事態だったが、低迷の原因は何なのか。

「やはりドラマのイロハを知らないクリエイターが撮っているからじゃないでしょうか。今回、Perfumeや星野源、米津玄師といった名だたるアーティストのPVを手掛ける映像作家の関和亮氏が初めて連ドラの演出を担当しているんですが、実際見るとわかるように、展開に起承転結がなく、盛り上がりも少ないまま何となく終わってしまう。まさにPVのような映像作品感が強いと私は感じましたね」(前出・芸能ライター)

 だが、それ以上にシンプルに「最大の原因」とされてしまっているスタッフがいるという。

「脚本家の倉光泰子氏です。彼女が手掛けた16年4月クールの月9ドラマ『ラヴソング』は平均8.5%、続いて翌17年1月クールの『突然ですが、明日結婚します』(いずれもフジテレビ系)に至っては6.7%と、惨たんたるものだったんです」(前出・芸能ライター)

「ラヴソング」の主演は福山雅治、「突然ですが、明日結婚します」の主演は西内まりや。2人はこのドラマの大爆死によって、人気急落がより印象づけられてしまったのだ。はたして「QUEEN」が、視聴率を巻き返し、この“ジンクス”をみごと破ることができるか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
2
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
3
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
4
あの川田利明が「ベンツ3台分をつぎ込んでも」ラーメン屋を続ける理由とは!?
5
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ