芸能

重盛さと美、人気上昇中の朝日奈央にとっては「目標」ではなかった!?

 バラエティタレントとしてブレーク中の朝日奈央にとって、重盛さと美は目標とすべき先輩ではなかったようだ。

 2月23日放送の「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)では、様々なタレントにドッキリを敢行。ここでターゲットになった朝日には、時間内にミッションをクリアしないとゴキブリのおもちゃが詰まった風船が爆発する“ゴキブリ風船爆弾”が仕掛けられた。

 控室に入った朝日に対し、天の声が与えた課題は「目標にしているバラエティタレント 20人答えろ」というもの。ここで朝日が名前をあげたのはSHELLY、指原莉乃、菊地亜美、井森美幸、ベッキー、小島瑠璃子、須田亜香里、鈴木奈々、丸山桂里奈、藤田ニコルの10人で、ここで20秒間のタイムアップ。あえなく風船が爆発し、朝日は腰を抜かしていた。

「朝日の次は、重盛さと美がターゲットに。ここで彼女の紹介テロップには《朝日の目標には入っていない》と書かれていたのです。確かにバラエティタレントとしての活動実績で言えば名前があがってもよさそうなものですが、レギュラー出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が終了してからはテレビ出演などが激減しているのもまた事実でしょう」(テレビ誌のライター)

 ちなみに重盛のほかに、朝日が名前をあげなかったバラエティタレントには、どんな顔ぶれがいるのだろうか。

「番組のスタジオゲストだった池田美優(みちょぱ)や滝沢カレン、ローラらはモデルとしても活躍。同様に岡田結実は女優、おのののかはグラビア、木下優樹菜はママタレとそれぞれの得意分野があります。そして岡井千聖や野呂佳代は同じアイドル出身として切磋琢磨するライバル関係で、目標とは異なります。そういった面々に対して重盛は生粋のバラエティタレントですが、最近はテレビで見る機会が激減。実際にはイベント出演など細かく仕事があるようですが、ゴールデン帯に姿を見ることがほとんどなくなり、朝日の脳裏に名前があがってこなかったんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 その重盛はことわざを20個あげるというミッションで、「キノコ竹の子元気な子」といった謎のフレーズを繰り出したあげく、1個も答えられずに惨敗。三十路を迎えても相変わらずオバカ路線ではさすがに、目標になりえないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”