芸能

重盛さと美、人気上昇中の朝日奈央にとっては「目標」ではなかった!?

 バラエティタレントとしてブレーク中の朝日奈央にとって、重盛さと美は目標とすべき先輩ではなかったようだ。

 2月23日放送の「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)では、様々なタレントにドッキリを敢行。ここでターゲットになった朝日には、時間内にミッションをクリアしないとゴキブリのおもちゃが詰まった風船が爆発する“ゴキブリ風船爆弾”が仕掛けられた。

 控室に入った朝日に対し、天の声が与えた課題は「目標にしているバラエティタレント 20人答えろ」というもの。ここで朝日が名前をあげたのはSHELLY、指原莉乃、菊地亜美、井森美幸、ベッキー、小島瑠璃子、須田亜香里、鈴木奈々、丸山桂里奈、藤田ニコルの10人で、ここで20秒間のタイムアップ。あえなく風船が爆発し、朝日は腰を抜かしていた。

「朝日の次は、重盛さと美がターゲットに。ここで彼女の紹介テロップには《朝日の目標には入っていない》と書かれていたのです。確かにバラエティタレントとしての活動実績で言えば名前があがってもよさそうなものですが、レギュラー出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が終了してからはテレビ出演などが激減しているのもまた事実でしょう」(テレビ誌のライター)

 ちなみに重盛のほかに、朝日が名前をあげなかったバラエティタレントには、どんな顔ぶれがいるのだろうか。

「番組のスタジオゲストだった池田美優(みちょぱ)や滝沢カレン、ローラらはモデルとしても活躍。同様に岡田結実は女優、おのののかはグラビア、木下優樹菜はママタレとそれぞれの得意分野があります。そして岡井千聖や野呂佳代は同じアイドル出身として切磋琢磨するライバル関係で、目標とは異なります。そういった面々に対して重盛は生粋のバラエティタレントですが、最近はテレビで見る機会が激減。実際にはイベント出演など細かく仕事があるようですが、ゴールデン帯に姿を見ることがほとんどなくなり、朝日の脳裏に名前があがってこなかったんでしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 その重盛はことわざを20個あげるというミッションで、「キノコ竹の子元気な子」といった謎のフレーズを繰り出したあげく、1個も答えられずに惨敗。三十路を迎えても相変わらずオバカ路線ではさすがに、目標になりえないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!