芸能

決定!令和に語り継ぎたい「実写版ヒロイン」(4)グラドルじゃかなわない「リアル峰不二子」はこの女優!

 2次元の世界でのみ愛されてきたアニメキャラが、リアルな3次元映像で現れる! はたして、アイドルや女優たちが再現したヒロイン像は、いかなる採点を下されるのか? 令和の時代も語り継いでいきたい平成の世に起きたミラクルを徹底検証!

     *

 日本が世界に誇るアニメ作家といえば宮崎駿だが、代表作を小芝風花が演じた。14年公開の「魔女の宅急便」(東映)である。アイドル評論家の織田祐二氏が絶賛する。

「16歳で、映画デビュー作にして主役を張った。それはもう、心が洗われるみずみずしさでした。共演の宮沢りえや尾野真千子らベテラン陣に負けてない存在感です。アニメには及ばないとナメてかかってみると、痛い目にあう(笑)」

 のんが能年玲奈を名乗っていた頃、映画での初主演作となったのが、紡木たく原作の「ホットロード」(14年、松竹)だ。再三の映像化依頼を断ってきた紡木氏がGOサインを出したのは、能年ならヒロイン・宮市和希を任せられると思ったからである。

「古いコミックをあえてやるところに意外性を感じました。原作のファンからは賛否両論で分かれましたが、彼女なりの味は出ていたと思います」(美少女研究家・高倉文紀氏)

 興行収入が22億円を超えたのは、主演女優として及第点だろう。

 すべての女性にとっての憧れである峰不二子を演じたのは、14年公開の「ルパン三世」(東宝)における黒木メイサ。

「よくグラドルの人が“リアル峰不二子”を名乗りますが、格が違うと思いました。ビジュアル重視だからスタイルの良さはもちろんですが、リアルに奔放な感じも出せていた」(前出・高倉氏)

 女優引退の危機から大逆転したのが、「20世紀少年」(08~09年、東宝)でヒロインのカンナを演じた平愛梨。デビュー10年目を迎え、背水の陣で撮影に臨んだ。

「原作のファンも満場一致で彼女を認めた。女優としては間違いなく彼女の代表作」(前出・高倉氏) 

 アモーレへの第一歩となったのだ。ラストは昨年公開された「響 -HIBIKI-」(東宝)に主演した欅坂46の平手友梨奈だ。

「クールで孤高なヒロインといういい原作を持って来たと思います。彼女自身、この役ならやってみたいという意欲があったので、スクリーンデビューにぴったりだったのでしょう。編集者役の北川景子との対比も効いていました」(前出・高倉氏)

 映画賞の新人賞を総ナメにした平手。そのカリスマ性は女優としても活きることを証明した格好だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…