芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(終)痛々しい和田アキ子の立ち位置

“ご意見番”なんて言われるようになったら、芸能人は終了である…最もそう思わせるのが、和田アキ子ではないだろうか。

「芸能界の“ゴッド姉ちゃん”と呼ばれ、いつしか自分の番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)や、各種イベントでの囲み取材時に、ワケ知り顔で“正論でござい”とばかりに発言をするのがお約束となっていました。しかし、上から目線で個人的な好き嫌いを吐き出すばかり。ただ諫める人がいないだけで、芸能関係者の間でも決して評判はよくありません」(芸能記者)

 そんな和田の性格を現す強烈なエピソードとして残っているのが、観劇中に和田とバッタリ会って挨拶をした元サッカー日本代表の中田英寿が“被害者”となった件だ。

「和田を見た中田は慌てて立ち上がり会釈をしたそうなのですが、和田は周囲の目もお構いなしに客のいる公衆の面前で『サングラス!』と怒鳴りつけたという。同席していたカンニング竹山も中田に同情したそうですが、そこにも和田の大人としてあるべき見識やバランス感覚、人への尊敬や思いやりを感じません。そもそも取材陣が本気で和田の意見を求めているはずはなく、単に翌日のスポーツ紙やワイドショーの見出しになればいいというだけ。昨今は、そうした現実に相変わらず気づいていない様子が痛々しくなってきましたね」(別の芸能記者)

 ここ数年はヒット曲もなく、2016年には40回目の出場がかかったNHK紅白歌合戦の選考にもれて以降、お呼びがかからない状況だ。

「昨年10月に歌手生活50周年を迎え、ベストアルバムやコラボシングルを発売し、アニバーサリーツアーも敢行。いつになく精力的に活動して年末の紅白復帰を狙いましたが、結局、選ばれることはありませんでした」(前出・芸能記者)

 すでに、人にご意見している場合ではない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
ラグビー日本代表の感動が台無し!?YOSHIKI、南アフリカ戦に登場に批判殺到
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
「モトカレマニア」大爆死も“新木優子の割れ目”披露に視聴者が歓喜!