芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(終)痛々しい和田アキ子の立ち位置

“ご意見番”なんて言われるようになったら、芸能人は終了である…最もそう思わせるのが、和田アキ子ではないだろうか。

「芸能界の“ゴッド姉ちゃん”と呼ばれ、いつしか自分の番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)や、各種イベントでの囲み取材時に、ワケ知り顔で“正論でござい”とばかりに発言をするのがお約束となっていました。しかし、上から目線で個人的な好き嫌いを吐き出すばかり。ただ諫める人がいないだけで、芸能関係者の間でも決して評判はよくありません」(芸能記者)

 そんな和田の性格を現す強烈なエピソードとして残っているのが、観劇中に和田とバッタリ会って挨拶をした元サッカー日本代表の中田英寿が“被害者”となった件だ。

「和田を見た中田は慌てて立ち上がり会釈をしたそうなのですが、和田は周囲の目もお構いなしに客のいる公衆の面前で『サングラス!』と怒鳴りつけたという。同席していたカンニング竹山も中田に同情したそうですが、そこにも和田の大人としてあるべき見識やバランス感覚、人への尊敬や思いやりを感じません。そもそも取材陣が本気で和田の意見を求めているはずはなく、単に翌日のスポーツ紙やワイドショーの見出しになればいいというだけ。昨今は、そうした現実に相変わらず気づいていない様子が痛々しくなってきましたね」(別の芸能記者)

 ここ数年はヒット曲もなく、2016年には40回目の出場がかかったNHK紅白歌合戦の選考にもれて以降、お呼びがかからない状況だ。

「昨年10月に歌手生活50周年を迎え、ベストアルバムやコラボシングルを発売し、アニバーサリーツアーも敢行。いつになく精力的に活動して年末の紅白復帰を狙いましたが、結局、選ばれることはありませんでした」(前出・芸能記者)

 すでに、人にご意見している場合ではない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
ドーンと飛び出しそう!?加護亜依、最新動画で魅せたお椀バストの激ヤバ迫力
5
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象