芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(終)痛々しい和田アキ子の立ち位置

“ご意見番”なんて言われるようになったら、芸能人は終了である…最もそう思わせるのが、和田アキ子ではないだろうか。

「芸能界の“ゴッド姉ちゃん”と呼ばれ、いつしか自分の番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)や、各種イベントでの囲み取材時に、ワケ知り顔で“正論でござい”とばかりに発言をするのがお約束となっていました。しかし、上から目線で個人的な好き嫌いを吐き出すばかり。ただ諫める人がいないだけで、芸能関係者の間でも決して評判はよくありません」(芸能記者)

 そんな和田の性格を現す強烈なエピソードとして残っているのが、観劇中に和田とバッタリ会って挨拶をした元サッカー日本代表の中田英寿が“被害者”となった件だ。

「和田を見た中田は慌てて立ち上がり会釈をしたそうなのですが、和田は周囲の目もお構いなしに客のいる公衆の面前で『サングラス!』と怒鳴りつけたという。同席していたカンニング竹山も中田に同情したそうですが、そこにも和田の大人としてあるべき見識やバランス感覚、人への尊敬や思いやりを感じません。そもそも取材陣が本気で和田の意見を求めているはずはなく、単に翌日のスポーツ紙やワイドショーの見出しになればいいというだけ。昨今は、そうした現実に相変わらず気づいていない様子が痛々しくなってきましたね」(別の芸能記者)

 ここ数年はヒット曲もなく、2016年には40回目の出場がかかったNHK紅白歌合戦の選考にもれて以降、お呼びがかからない状況だ。

「昨年10月に歌手生活50周年を迎え、ベストアルバムやコラボシングルを発売し、アニバーサリーツアーも敢行。いつになく精力的に活動して年末の紅白復帰を狙いましたが、結局、選ばれることはありませんでした」(前出・芸能記者)

 すでに、人にご意見している場合ではない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは