芸能

暴発美女が知られたくない「禁断の秘密」(4)<石田ゆり子>「生涯独身」貫く驚きのプライベートに肉迫

 パナソニックのCMでは俳優のムロツヨシ(43)と仲よし夫婦を演じる石田ゆり子(49)。実生活では浮いた話もなく「生涯独身説」もささやかれているが、謎に包まれたプライベートに肉迫すると‥‥。

「日中はよく犬の散歩をしているところをお見かけしますよ。全然お化粧しているように見えないのに、テレビで見るのとまったく一緒。芸能人気取りなところは一切なく、気さくに挨拶してくれるので、町内でも評判はいいんですよ」

 近隣住民がこう語るように、石田は私生活でも飾らないキャラを貫いているようだ。

 石田がこの都内の高級住宅地に居を構えたのは2年前のことだ。

「それまで高級マンションで犬1匹と猫2匹と“同居”していましたが、『ペットたちのためにも』と一念発起して地上3階の一軒家を建てたんです。土地を含めて3億円は下らない物件で、ペットが日なたぼっこするための広いベランダや犬猫専用の個室もあり、まさにペット御殿と呼ぶにふさわしい豪邸。親しい知人からは『もう結婚する気がないのかしら』と心配されていました」(芸能記者)

 男っ気がないのは、やはりこれまでの恋愛遍歴が影響しているという。

「俳優の石黒賢(53)やイケメンの和太鼓奏者と交際したものの、いずれもあまりいい終わり方ではなかったため、『恋愛はもうコリゴリ』とトラウマになったと言われています」(芸能記者)

 それでも女優業は順風満帆。今年も出演映画2本の公開を秋に控え、ドラマにCMにとバンバン稼ぎまくっているが、

「お手伝いさんを雇ったという話は一切、聞きませんね。ゴミ出しも本人が全部やっていて、いつもすっぴん。先日なんて、真夜中にダボダボのシャツにサンダル姿で、重たいゴミ袋を持って外出するところを見かけましたよ。たぶん翌朝に早い仕事があったんでしょうね。有名女優さんだけに、変な人に目をつけられなければいいのですが‥‥」

 別の近隣住民はこう言って気をもんでいた。

 今回、石田の自宅周辺を取材して、まさかこんな「すっぴんエピソード」が拾えるとは‥‥。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が解説する。

「すっぴんを売りにしているところもありますからね。その美しさは昔から変わらず、インスタにアップした写真は『アラフィフとは思えない』とファンの称賛を集め、今やフォロワーは1800万人超え。また、性格面もすばらしく、どんなに年下のスタッフに対しても気配りを怠らないとか。これまで業界人の口から石田の悪口を聞いたことがありません」

 今年10月には50歳になる石田。“いい女”なだけに一人でゴミ出しする姿が不憫にも思えるが‥‥。

「やはりあの美しさを見ると、どうしても男の存在を疑わずにはいられません。案外、秘密裏に交際している男性がいるかもしれませんよ」(佐々木氏)

 石田のすっぴんを独り占めする、ファン泣かせの男性は現れるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図
5
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線