芸能

葬式ごっこにも関係?三四郎・小宮、“吉田明世の兄にイジメられ過去”の真相

 やはり見た目の“パリピ”感からして、疑われても仕方なしか?

 元TBSアナウンサーでフリーアナの吉田明世の兄・DJ HALが5月11日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。今回がバラエティ番組への初めての出演ということだったが、学生時代のエピソードを話したところ、思わぬ疑惑が浮上する形となった。

 金髪に金色のネックレスとド派手な見た目とあって、番組MCの有吉弘行からは「お兄ちゃんもヤンチャしてたでしょ」「この感じでマジメなわけがない」と言われたい放題だったが、DJ HAL自身も昔はヤンチャをしていたことを認めている。

 また、小さい頃から5つ下の吉田のことが大好きだったというDJ HALは吉田が中学に入学した時にはわざわざ中学3年の“大将”のところに行き、「オレの妹いるからよろしく」「妹、守ってね」と“圧”をかけに行くほどだったとのこと。

 そんなDJ HALだが、母校の成城学園中学校高等学校時代の話になると、三四郎の小宮浩信と同級生でクラスも一緒だったことが発覚。また、DJ HALは「妹(吉田)と小宮が番組で初共演した時に(小宮が)オレのことを『ヤンキー』だとか『オレ、イジメられてたんですよ』って…」と、小宮から自身をいじめていたヤンキーの1人として認識されていることを明かしていた。しかし、有吉がDJ HALにイジメが実際にはあったのかを質問すると、DJ HALは「まったくイジメてないです」と、イジメていたことを否定。続けて、「むしろイジってたぐらいです」「イジリが本人にとってはちょっと苦しかったかも」と、あくまでイジっていただけであると釈明している。

 しかし、視聴者からは「小宮がイジメられたって言ってるなら間違いないだろ」「確信はないけど、これはイジメてたな」「吉田ちゃん好きだっただけにちょっとショックだな」といった声が上がるなど、DJ HALが小宮をイジメていたと判断する人が多いようだ。

「共演者のバカリズムも『(小宮から)1回聞いたことがあるんですよ。イジメられてた時にヤンキーの人がいて、売れてから馴れ馴れしくなったって…。あなたでしたか?』と、DJ HALが小宮をイジメていたと認識していました。実際、DJ HALはSNSで吉田とのペア写真を頻繁にアップし、妹の人気に便乗しようとしていることを反省するという名目で登場しているわけですから、小宮が売れてから馴れ馴れしくするのも何か納得がいきますね」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに小宮は15年に放送されたバラエティ番組「ゴッドタン」(テレビ東京系)にて、成城学園中学時代に同級生から“葬式ごっこ”をされたという悲しい過去を明かしている。

「小宮が亡くなったものとして葬式を進めていくという遊びだそうですが、弔辞が読まれるなど本格的なものだったようで、当時の小宮少年は泣いてしまったそうです。何でも、『クラスの女子がお前の写真を欲しがってる』と言われ、自分の写真を友だちに渡したところ、それが遺影として飾られたそうです。ただ、小宮の相方である相田周二も中学時代の同級生ですが、相田いわく、イジメられるのは小宮自身にも問題があったと証言しています。相田によれば、当時“3軍の頭”ぐらいの地位であったという小宮はスクールカーストのトップグループに入るために、クラスのマドンナ的存在の女子と付き合っていると半年間ウソをつき、最終的にウソをついていたことがバレてしまい、マドンナの女子を泣かせ、一気に敵を作ったとのこと。そういった小汚いことをしている陰キャラに、ヤンチャな男子がちょっかいを出さないわけもないでしょうからどっちもどっちかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

 とりあえずはDJ HALと小宮が番組で共演を果たした時に本人たちのやりとりを見て、判断するしかないか?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?