芸能

伝説の「放送事故」50年の再現VTR<バトル篇>福澤朗をしかめっ面にさせた古市憲寿

 テレビは、理性で抑えようとした人の感情をも浮き彫りにする。カメラがあることも忘れて激高した瞬間、視聴者は貴重な場面を目にすることになる。

 4月14日にオンエアされた「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ系)にて、メインの福澤朗(55)が冷静さを欠くシーンがあった。

「いつまでも反抗期ですね」

 辛辣な言葉を投げかけたのは、ゲストの社会学者・古市憲寿氏(34)に対して。この日のテーマは「新紙幣のデザイン」であったが、軽くコメントを求めたつもりだったのに、古市氏の舌鋒が止まらない。

「僕はすごくダサいと思うんですけど、どうですか、これ?」

 進行上、そこそこに切り上げたかった福澤は、古市氏のダラダラ続く持論にしかめっ面。エンディングで「しばらく会いたくないですね」との絶縁宣言が日曜の茶の間を凍らせた。

 さて、時計の針を少し戻してみよう。オンナたちの緊迫した場面が記録されていたこともあった。芸能評論家の織田祐二氏が言う。

「04年にオンエアされた『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)で、若槻千夏(35)や根本はるみ(38)、小向美奈子(34)らグラドルたちと、車で温泉旅行という企画があった。当時19歳の小向は途中からの参加でしたが、そのとたんに車内はピリピリしたムードが充満しました」

 やがて温泉に着くと、水着に着替えた若槻や根本を眺めつつ、小向は水着になろうとしない。

「事務所の方針で、テレビでの水着はNGなんです」

 温泉ロケの趣旨で、しかも遅れて参加しながら、まさかの宣言。これには、さすがに若槻が猛ツッコミ。

「いつも水着になってんじゃん!」

 織田氏が続ける。

「あの時の若槻の『マジ言ってんの? ウソでしょ?』と詰め寄る表情が忘れられない。完全に事故でしたね」

 80年代前半に活躍した「横浜銀蝿」「ラッツ&スター」は、思いがけない緊迫感を生んだ。人気番組「ザ・ベストテン」(TBS系)でのことである。当時「シブがき隊」の一員でたびたび番組に出ていた布川敏和が、目撃談を明かしてくれた。

「ラッツ&スターが歌い終えてソファーに座っていて、そのあとに銀蝿の翔さんがMCで大学の話をされていたんですよ。すると、ラッツの面々が『へえ~、ツッパリなのに大学に行くんだ』って冷ややかな声。実は銀蝿って、それぞれ頭もいい“ビジネス不良”で、ラッツのほうが筋金入りの“本物”なんです。その視線を受けて、銀蝿の皆さんは歌いにくそうにしていましたね」

 この2組よりも先輩にあたる吉田拓郎(73)と松山千春(63)も、視聴者をハラハラさせる舌戦を展開した。拓郎が初めて音楽バラエティーの司会を務めた「LOVELOVEあいしてる」(フジテレビ系)に、千春が00年にメインゲストで出演。

 ところが、開口一番、「拓郎は昔からオレのことが嫌いだった」と爆弾発言。この2人は、意外にもこの日が初対面である。

「オレは拓郎に喝を入れに来た」

「オレは拓郎にはなりたくない。オレみたいな後輩がいてよかったな、拓郎」

 千春節のオンパレードに拓郎の口数は少なくなり、サングラスの奥の目には怒りがにじんでいた。トークの大半は、ともに司会を務める「Kinki Kids」が仕切ることになり、拓郎と千春が最後まで打ち解けることはなかった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来