芸能

「SNSに媚びるな!」石橋貴明、“インスタ初挑戦”にファンの間で広がる違和感

 7月2日にAbemaTVで生放送される「石橋貴明プレミアム第3弾急募!石橋貴明と友達になりませんか? 生放送SP」で、インスタグラムに芸能人との写真をアップする“友達作り”企画に挑戦するという、とんねるずの石橋貴明。これに先駆け6月19日、自身初となる公式インスタを開設したのだが、これにファンから賛否双方の声があがっている。

「石橋はすでに《よろしくお願いします》のメッセージで自撮りをアップしており、ネット上では《即フォローしました!》《7月が楽しみ》など、放送を待ちわびる声が一斉にあがり、改めてその根強い人気ぶりがうかがえたのですが…」(ネットウオッチャー)

 とんねるずは、昨年3月に冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の終了後、年末には公式ファンクラブが終了。以後、相方の木梨憲武と組む番組もなく、バラエティやラジオなどで、それぞれの活動を続けている。

「当初は“そのまま解散するのではないか”との憶測も飛び交っていましたが、木梨がインスタでプライベートで偶然会ったという石橋と2人で写った写真をあげた際には、今年後半の、とんねるずとしてのライブ開催を匂わせており、現段階での解散の可能性は少ないと見られています」(芸能記者)

 ただ、双方レギュラーでメディア登場する機会は極端に少ない状況が続いており、石橋も辛うじて「石橋貴明のたいむとんねる」(フジ系)が続いているのみ。それだけに今回、AbemaTVで3回目となる石橋の特番は、ファンにとっても嬉しい限りといったところだが、一部からはこんな声も聞こえてくるのだ。

「《SNSの流れに乗っかる石橋は見たくない》というものです。他にも、《ネットに媚びるな!》《タカさんらしくない》というものもありました。芸能人、芸人がこぞってインスタやツイッターをやる中、コアなファンの間では石橋に“はちゃめちゃでアナログな芸人であってほしい”という思いがあるようで、例え番組内の企画でもSNSを始める石橋には、違和感を覚える向きも少なくないようです」(前出・芸能記者)

 そのような声があがること自体、石橋はお笑いファンにとって他の芸人とは別次元にいる存在のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」