芸能

闇営業よりヤバい!田口淳之介の供述で「お笑い界の超大物」が逮捕間近!?

 雨上がり決死隊・宮迫博之の闇営業報道が世間を騒がせる中、6月17日発売の「週刊現代」が、吉本芸人と裏社会に関する記事を掲載した。反社会勢力と関わっていた芸人は、他にもいるという。

「現代の取材によれば、振り込め詐欺グループの会合で、特に人気だったのはベテラン芸人Eとのこと。今の詐欺グループは30~40代が多く、彼らが子供の頃にEはテレビで引っ張りだこだったため、他の芸人よりも場が盛り上がるのだそう。また1回のギャラは100~200万円で、相当荒稼ぎしたようです」(芸能記者)

 今後、新たに反社会勢力とのつながりのある芸人が発覚すれば、お笑い界にさらなる衝撃が走ることとなる。だがそんな中、闇営業問題どころではない、芸人の超爆弾スキャンダルがまもなく飛び出す可能性もあるという。

「6月20日の『東スポweb』によると、厚労省の取締部(マトリ)は現在、違法薬物を使用する芸能人を絞り込んでおり、あと1~2カ月くらいで驚くような逮捕者が出る可能性があるそう。どうやら先日逮捕された小嶺麗奈から、田口淳之介はいろいろ聞いていたそうで、素直に知っていることをマトリにしゃべってしまったのだとか。関係者によれば、小嶺は芸能界で有名なアラフォー美女と親友で、その女性は誰もが知る超大物お笑いタレントと以前、男女関係にあったとのこと。そんな小嶺ルートから、現在、この親友女性とお笑い芸人が完全にマークされており、いつ逮捕されてもおかしくない状況だというのです」(前出・芸能記者)

 小嶺被告、田口被告の逮捕をきっかけに、今後、芋づる式で芸能人が逮捕されてしまうのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」