芸能

参院選「有名美女“マル秘”候補者リスト」をスッパ抜く(3)「ポスト壇蜜」小山田経子がまさかの出馬

 女性の政治進出に力を入れ、00年にフランスで導入された「パリテ法」(男女が半々の議会)を目指す野党は、積極的な女性候補者探しに余念がない。

 立憲はバラエティー番組「恋のから騒ぎ」(日テレ系)に出演していた元都議の塩村文夏氏(40)や、銀座のクラブでナンバーワンになった「筆談ホステス」で東京都北区の元区議・斉藤里恵氏(35)など続々と著名美女の出馬が決まっている。

 国民民主党は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の水野素子氏(49)を新人として立候補させる一方、隠し球として、「ミニスカ行政書士」と呼ばれた行政書士とグラビアアイドルの二足のわらじを履いていた小山田経子(41)にご執心だ。

 比例代表での擁立が決まり、党のホームページに掲載された写真を見てみると、スーツ姿の小山田が右手でメガネのフレームを触りながらほほえみ、まるでセクシー女教師を妄想させて、なんだかイヤらしい。

 その経歴も異色。高校卒業後、札幌市の北都交通でバスガイドとして乗務。13年に宅建を取得すると、翌年は行政書士にも合格する。その後、資格予備校で講師を務めながら、グラドル活動を開始。3年前に38歳で初めてのDVD「今日の情文」(SID)を発売した。

「乳首ポロリはないものの、相当攻めたセクシーな内容です。B83・W60・H86のプロポーションを武器に、花柄のスカートをまくり上げ、艶かしい表情のままM字開脚で赤色のパンティを見せつけたり、ベッドの上でよつんばいになって後背位をおねだりするように、Tバックが食い込んだお尻をグイッと突き出して挑発していました。壇蜜(38)がデビュー時の事務所に所属していたことで、『ポスト壇蜜』と期待されていたんです」(芸能記者)

 あまりにもセクシーすぎたため、資格予備校の講師を“クビ”になったという小山田は、翌17年に2作目のDVD「昨日の情文」(サンクプロジェクト)をリリースしている。

「この頃からインタビューで政界進出の野望を打ち明け、目標の政治家には片山さつき地方創生担当相(60)の名前を挙げていました」(芸能記者)

 政治家になったら「熟女好き減税」を公約にしていた小山田。これで「オヤジ票」の流れがわからなくなってきた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!