芸能

「13人処分」で芸人が怯える“もっとヤバイ闇営業”“闇合コンの恩恵”暴露!

 ギャラをもらっていないはずなど、なかったのである。

 カラテカ・入江慎也が仲介した“闇営業”に参加した芸人たちへの処分に、テレビ・芸能界が揺れている。

「事務所を通さない営業だけでもマズいのに、よりによって特殊詐欺グループの忘年会に参加して、ネタや持ち歌を披露するなどのパフォーマンスを見せていた。当初、入江以外の芸人たちは“厳重注意”にとどまりそうでしたが、結局、ギャラをもらっていたことを認めて無期限謹慎という重い処分が下されました。入江に300万円が渡っていたという証言から、その分配に至る詳細が一部で報じられ、もはや認めざるを得なかったのでしょう」(芸能記者)

 処分を受けたのは、宮迫博之を筆頭に、田村亮、レイザーラモンHG、天津・木村卓寛、ムーディ勝山ら13人。

「改めて見てみると、誰もが知る一発屋や、確実にその場を盛り上げることができる芸を持つ者が多く、いかにも闇営業向きの面々。しかも報じられている現場の写真を見ると、しっかりネタ用の扮装をして参加している者もいて、手慣れた雰囲気もありあり。犯罪行為で得た潤沢な資金力から、反社組織への闇営業は、他の闇営業のギャラよりも明らかに高額であったはず。となれば、今回の処分の対象となったもの以外にも、やばい営業先はいくつもあったと考えるのが自然で、さらなる暴露・流出が今後、続く可能性もある。心当たりのある芸人たちは内心、ビクビクでしょう」(お笑い関係者)

 また、闇営業以外の部分で入江にオイシイ思いをさせてもらっていた芸人たちも、とても心安くはいられないという。

「入江は合コンのセッティング役として、多くの先輩、同僚芸人に頼られていましたからね。しかも、チームプレイで合コンを盛り上げ、先輩たちの“お持ち帰り”を散々アシストしてきた。今回謹慎を食らった中にも、その恩恵に預かってきた芸人がおり、そうした経緯があったからこそ闇営業にまで協力した側面がありますからね。他にも、そんな芸人は事務所を問わず何人もいる。今回の騒動をきっかけに、彼らの行き過ぎた火遊びの実態が続々と週刊誌にタレ込まれているという話もあります。その中には既婚者の芸人や、バラエティ番組でメイン司会を張る大物芸人もおり、そんな“闇合コン”がヤリ玉に挙げられ、さらに多くの芸人がテレビから姿を消す展開も十分に考えられそうです」(前出・お笑い関係者)

 調子に乗りすぎたか。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?