芸能

土屋太鳳「タオパイ解禁」で分かった女優としての決意(3)二階堂ふみが成功モデル?

 民放局ドラマスタッフが語る。

「もともと土屋はスタイル抜群のムチムチボディを封印していましたが、童顔のルックスには似合わない豊満なバストの片鱗を『爽健美茶』のCMなどでかいま見せています。ただし、こと女優業では元気でけなげな女子高生という同じような役柄ばかりが続いている。来年にネットフリックスで配信予定のドラマ『今際の国のアリス』での高校生役の演技を最後に、事務所側も本人も、大人の女優への路線転換を図ろうとしているのです。さすがにあのムチムチに発育したボディでセーラー服を着こなすのも限界にきているというのが、現場の一致する意見となっているのです」

 所属事務所には、格闘女優からカルト女優として評価を上げている武田梨奈(28)、さらにはAV界のレジェンド・村西とおるの半生を描いたドラマ「全裸監督」(ネットフリックス)での黒木香役の熱演ぶりが話題の森田望智(もりたみさと・22)など、後輩女優からの突き上げも激しく、土屋の立場も安泰とは言えなくなってきた。

「太鳳ちゃんは今年3月の『砂の器』(フジテレビ系)では珍しく、愛人役でベッドシーンを演じたものの、いまだに大胆な濡れ場の経験はなく、せいぜいキスシーンぐらい。もちろん『チア☆ダン』(TBS系)など健康的に肉体を駆使した作品はありますが、『濡れ場処女』という致命的な弱点がある。歴代朝ドラ女優でも清純なイメージを脱皮できないまま消えていった例も多く、せっかくのボディを持つ太鳳ちゃんも、このままでは朝ドラの呪いに潰されてしまう」(スポーツ紙記者)

 そこで、濡れ場解禁とともに女優として大ブレイクを果たした二階堂の成功がカギとなるのだ。

「土屋は、出演する機会を徐々に減らしつつ、幼いイメージから大人の女のイメージへの転換を図っていくようです。もちろん濡れ場女優としても前向きで、『インパクトがある濡れ場も辞さない』という方針で固まっている。今後は肌露出を増やし、体のラインを出していく方向で女優としての活路を見いだしていくでしょう」(芸能デスク)

 この決意に織田氏は称賛を惜しまない。

「土屋は滑舌をよくするために舌の一部の除去手術をしたり、役作りのためトレードマークだったロングヘアを短くしたりと、演じることにストイックで大物俳優からの評価も高い。早めに濡れ場への決意を固めたことについては、アラサーになっても露出に進展がない他の女優たちより期待が持てます。ライバルの二階堂を見習い、脱ぎ惜しみないフルヌード転身を期待したいところです」

 事務所ツートップの妖艶演技つばぜり合いで、タオパイの全貌が公開される日は近い!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?