芸能

やはりギャルだった! 西野七瀬、「夏休み宿題」話の正直さに「清々しい」の声

 やはり「マジメな優等生」タイプではなかった?

 元乃木坂46の西野七瀬が去る8月27日深夜放送のバラエティ番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。学生時代の夏休みの宿題にまつわるエピソードを披露している。

 この日のオープニングトークでは、学生たちの夏休みがもうすぐ終わる時期に入っていることから「夏休みの宿題を先にやる派? 後にやる派?」で、MC陣でトークを展開。結構宿題が好きだったという滝沢カレンは、自由研究に関しては「最初から最後まで研究するタイプ」であることを明かし、意外な一面に共演者たちからも笑いが起こっていた。

 一方で西野は「私はギリギリまで残す…むしろ終わらない」と終盤に追い込みをかけるものの、その追い込みも間に合わないタイプであることを説明。

 続けて、「終わらないんで学校に行ってから他の子に『これ(宿題)見せて』って言って、全部写して出してました」と決してほめられる行為ではないことをしていたことを大胆にも告白。

 これには共演の田中みな実も「意外!」とリアクションすることしかできなかったが、ファンからも「なぁちゃん、悪い子だな」「さすが元ギャル!」「正直に話すところが好感持てるな」などといった声が上がっている。

「現在のほんわかした雰囲気の西野しか知らない人からすれば、おとなしいイメージを持っているでしょうが、実は西野は乃木坂46のオーディションを受けた高校2年時まではギャル系女子でした。西野も7月23日放送の同番組で当時について『見た目はちょっとギャルでした。マユ毛がすごく細くて、カラコンもしてたし、肌も今よりは黒いっていうか、もっと髪色も明るくて、長くて』と振り返っていましたね。宿題エピソードを聞いてもマジメな優等生タイプというわけではなかったようですが、ファンたちは失望しているわけでもなく、『西野らしい』とある種の清々しささえ覚えているといった調子のいう意見がほとんどです」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、決して推奨されることではないので、西野のファンである学生たちがマネしないことを願うばかりだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった