芸能

やはりギャルだった! 西野七瀬、「夏休み宿題」話の正直さに「清々しい」の声

 やはり「マジメな優等生」タイプではなかった?

 元乃木坂46の西野七瀬が去る8月27日深夜放送のバラエティ番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。学生時代の夏休みの宿題にまつわるエピソードを披露している。

 この日のオープニングトークでは、学生たちの夏休みがもうすぐ終わる時期に入っていることから「夏休みの宿題を先にやる派? 後にやる派?」で、MC陣でトークを展開。結構宿題が好きだったという滝沢カレンは、自由研究に関しては「最初から最後まで研究するタイプ」であることを明かし、意外な一面に共演者たちからも笑いが起こっていた。

 一方で西野は「私はギリギリまで残す…むしろ終わらない」と終盤に追い込みをかけるものの、その追い込みも間に合わないタイプであることを説明。

 続けて、「終わらないんで学校に行ってから他の子に『これ(宿題)見せて』って言って、全部写して出してました」と決してほめられる行為ではないことをしていたことを大胆にも告白。

 これには共演の田中みな実も「意外!」とリアクションすることしかできなかったが、ファンからも「なぁちゃん、悪い子だな」「さすが元ギャル!」「正直に話すところが好感持てるな」などといった声が上がっている。

「現在のほんわかした雰囲気の西野しか知らない人からすれば、おとなしいイメージを持っているでしょうが、実は西野は乃木坂46のオーディションを受けた高校2年時まではギャル系女子でした。西野も7月23日放送の同番組で当時について『見た目はちょっとギャルでした。マユ毛がすごく細くて、カラコンもしてたし、肌も今よりは黒いっていうか、もっと髪色も明るくて、長くて』と振り返っていましたね。宿題エピソードを聞いてもマジメな優等生タイプというわけではなかったようですが、ファンたちは失望しているわけでもなく、『西野らしい』とある種の清々しささえ覚えているといった調子のいう意見がほとんどです」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、決して推奨されることではないので、西野のファンである学生たちがマネしないことを願うばかりだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ