芸能

迷惑がっているのは竹山以外にも! ザキヤマ、「可愛い後輩」から嫌われる理由

 嫌われる理由はだいたい同じ!?

 アンタッチャブル・山崎弘也が8月27日深夜に放送されたバラエティ番組「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演。自身を慕ってくれていると思っていた後輩たちからの苦情を受ける一幕があった。

 この日は「相思相愛ウラ取りグランプリ」と題して、スタジオに登場した芸人たちが後輩芸人にちゃんと慕われているかを検証する企画を放送。山崎やネプチューン・堀内健らが可愛がっている後輩10人を発表。その名前が挙がった後輩たちに「慕っている先輩」を1位から順位付けしてもらい、その結果が相思相愛かをチェック。

 山崎は1位にドランクドラゴン・塚地武雅、2位に東京03・角田晃広と同じ事務所の後輩を記入。3位にオードリー・若林正恭、4位にアンガールズ田中の名前を書いていたが、特に塚地と角田に関しては「間違いない。書かないでもいいだろぐらいの感じでしたからね」と絶対的な信頼を寄せていた。

 しかし、塚地も角田も残念ながら山崎を1位ではなく、3位に順位付け。しかも、3位に選んだ理由を訊ねると、どちらも飲み会絡みの理由を挙げており、角田は「夜中に電話がかかってくる。23時に電話があって今なら行けますって言っても『仕事中だから1時過ぎになる。リザーブしとこうと思って』って返される」と説明。塚地も「よく飲みに連れて行ってくれるが、こっちの予定も聞かずに『何時にどこでよろしくね』と連絡が来る。その前にオレ、行くかどうかも言ってへん!」と不満全開で話していた。どちらも共通するのは自分の予定に関係なく、山崎のスケジュールで勝手に飲み会が組まれるというものだった。

 この結果にお笑いファンからは「確かにザキヤマはめんどくさそう」「ザキヤマの飲み会は後輩たちは行きたくないわけだな」「断ったらめんどくさそう」「煙ってるのは竹山だけじゃなかったんだ」など、納得の声が上がっていた。

「山崎は大好きなカンニング竹山をはじめ、塚地、おぎやはぎ・矢作兼の居場所をGPSで把握できるようにしており、竹山に飲みの誘いを断られた時には竹山を尾行して家まで追跡したこともあったそうです。深夜帯でもお構いなしに電話をかけてきたりとなかなか面倒くさい性格であることに加えて、今回、名前が挙がった塚地と角田は後輩ではあるものの、年齢は山崎よりも年上ですから、面倒くさがられるのも仕方ないですよね」(エンタメ誌ライター)

 すべて同じ理由で嫌われていることもあり、もう少し後輩たちのスケジュールに寄り添ってあげてもいいのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった