芸能

鈴木ちなみ、春眠オヤジを覚醒させた「放送事故乳」を完全実況

 長澤まさみ似の童顔に、綾瀬はるか級オッパイをひっ提げ、人気急上昇中の鈴木ちなみ(23)が“うれしい放送事故”を起こしてくれた。ビキニから美巨乳をはみださせ、激しく揺らしまくった一部始終を誌上実況する!

〈おっぱい、きた──〉

〈へたなAVよりずっといい〉

〈朝から3回!ありがとう、ちなみ〉

 こんなふうに放送直後のネット掲示板も騒然となった映像がオンエアされたのは、4月6日の午前7時半過ぎ。朝の情報番組「めざましどようび」(フジテレビ系)内のコーナーで、鈴木が世界各国のホットなスポットを紹介する「TOP OF THE WORLD」でのことだ。

 この日は、シンガポールの巨大テーマパークを紹介するというものだったが、水族館や水中の様子が部屋から見えるホテルなどを着衣でレポートしたあとに、お約束のビキニレポート。鈴木は6種類のウォータースライダーを、ピンクがかった薄いベージュのヒモビキニ姿で体験したのだが、それはもう、すごい光景が繰り広げられたのだ。

「ワー、キャー、キャ~」

 鈴木の悲鳴とともに、ウォータースライダーに向かい合わせに乗り込んだカメラが、急勾配を猛スピードで滑り落ちる鈴木のバストアップ姿を大写しにする。

 豊満美乳は、風圧でビキニから全てはみ出すのでは、と心配してしまうほどひしゃげ、その柔らかさを見せつける。そして勾配の角度が変化し軽くバウンドした時だ。スイカのような乳房が上、下、左、右に激しくブルルン、ブルルン。しかも水しぶきを浴びてテカテカ光るからたまらない。ワイプ画面に小さく映る男性アナや男性ゲストが不自然に平静を装っているのがよけいに鈴木の艶っぽさを際立たせている。

 そんな週末で疲れた頭を一気に覚醒させる姿を見せる鈴木の現場での様子を、フジテレビ関係者が明かす。

「現場では当然ながらオンエア時よりはるかに胸揺れ姿が目に飛び込んできて、スタッフは皆、本当に幸せそうです(笑)。彼女はポワンとした雰囲気でゆっくり話す癒やし系で、バイトのスタッフに対しても礼儀正しくフレンドリー。『図書館で一日中過ごすことが好き』なんだそうで、性格も真面目ですよ」

 167センチ、B80・W59・H86のEカップ巨乳。本人はこの体型にコンプレックスを持っていると周囲に語っているというが、胸同様、モテっぷりも隠せない。広告代理店関係者が証言する。

「男性タレントにプロ野球選手やJリーガーなどの有名アスリートからも彼女の周辺には『合コンをセッティングしてほしい』というオファーが後を絶たない。将来は女優志望だそうですが、この人気で年内にも主演級でのドラマ出演が各局で検討されていますよ」

 その際にはボディのほうも出し惜しみせず、世の男性たちを悦ばせてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」