芸能

紺野栞は五輪競技で全国3位!実はスゴいグラドルアスリートたち

 来年の東京五輪で開催されるカヌー競技で、日本人選手のメダル獲得に期待が高まっている。9月28日にスペインで開催されたカヌー・スラロームの世界選手権には、リオ五輪で日本人初の銅メダルに輝いた羽根田卓也選手と、昨年のアジア大会を制した矢沢亜季選手が出場。惜しくも決勝進出は逃したものの、日本人が不得手と言われてきたカヌーにて世界を相手に闘える実力を示した。

 そのカヌー競技において、インターハイ全国3位という実績を持つ芸能人がいるのをご存じだろうか。しかもスポーツ系タレントではなく、なんとグラドルで活躍する女性タレントだというのだ。

「Hカップのバストを武器に10枚以上のDVDをリリースしている人気グラドルの紺野栞は、ボートやカヌー競技の本場である滋賀県の出身。実家は琵琶湖のすぐそばで、子供のころからカヌーが湖面を走っているのを見ながら育ったそうです。カヌーを始めたのは高校入学後と遅めながら、協調性を重視する性格が4人乗りのフォアに向いていたようで、インターハイでは見事3位に入賞。それでもチームのメンバーは優勝できなかったことを悔しがっていたのだとか。当時の練習は相当キツかったものの、その経験があるため、グラビア撮影での強さも平気なんだそうです」(グラビア誌編集者)

 グラドルに転身後もメダル級の活躍を見せる紺野。そんな彼女のほかにもグラビア界には、学生時代にスポーツで活躍したタレントが少なくないという。

「最近“DTを殺す空手”でブレイクしている清水あいりは、まぎれもない琉球空手の使い手。3歳で空手を始め、近畿大会では型の部で小6から中2まで3連覇という実績を誇ります。ただバストの成長と共に美しい突きが出せなくなり、競技続行を諦めたそうです。それに対してバストが邪魔にならなかったというのはバレーボール部出身の佐野マリア。春高バレーに2年連続出場した強豪校でセッターを務めていましたが、当時はBカップしかなく、上京後にぐんぐんとバストが成長。当時の仲間からは《何を食べたらそうなるの!?》と羨ましがられているのだとか」(前出・グラビア誌編集者)

 そんなスポーツ少女だったグラドルたちのエピソードを綴った「グラドルアスリート列伝」特集が、10月3日発売の「アサ芸Secret! Vol.60」に掲載。少女野球やフィギュアスケート、器械体操などの各競技で活躍していたという彼女たちの、意外なスポーツ歴も興味深いものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」