芸能

捻挫の診察どころじゃない!? 乃木坂46生田絵梨花、医師が驚いた「体の不思議」

 やはりあのエピソードは本当だった!?

 乃木坂46の生田絵梨花が、ライブ配信サービス「SHOWROOM」上の帯番組「のぎおび」の10月1日配信回に登場。不注意から足を捻挫して病院に足を運んだところ、医者が驚いていたことを明かしている。

 生田は捻挫した理由について「踊っていたわけでもなく、舞台の稽古中というわけでもなく、ただ、道を歩いてたら、ちょっとだけ段差があって、そこでヒールがね、この段差にコケってなって、それで足をくじきました」と説明。

 そこで念のため病院に行ったといい、レントゲンを撮られ、捻挫が発覚したそうだ。しかし、そのレントゲンを見て、医者は捻挫とは無関係である別部分の生田の足の状態に驚いていたそうだ。

 生田によれば、「ビックリしてた。お医者さんが捻挫のことよりも『くるぶし割れてますよ』って」と、捻挫よりも生田の足のくるぶしが割れていることに仰天していたとのこと。

 しかし、生田はくるぶしが割れていることはすでに気付いていたため、今回の配信でも「本当に(くるぶしが)割れているってことを証明できてよかったなって思います」と平然と話していた。

 このエピソードに乃木坂ファンからは「ネタだと思ってたけど、本当にくるぶし割れてたんだ」「くるぶし5個は本当だったんだ」「あの自転車の悲劇のヤツね」などといった声が上がっており、生田が過去に披露していた不幸話を思い出した様子だ。

「生田は16年に放送された乃木坂の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、小学校低学年時代に父が運転する自転車の後部座席に乗っていたところ、ウキウキして足をバタバタさせていたため、左足が車輪に巻き込まれてしまい、足首を骨折したという出来事を告白していました。そこで左足のくるぶしが割れてしまったそうで、『この先も(足の)くるぶし5個で生活しなきゃいけない』と話していましたから、生田としては今回のレントゲンでくるぶしが割れているということをこれにて証明できて、ホッとしているという心境のようですが、お医者さんとしては『捻挫よりもくるぶしが…』といった感じだったのでしょう」(アイドル誌ライター)

 ちなみに当時この生田のエピソードを聞き、他のメンバーたちは耳を手で塞いだりといったリアクションを見せている中で、元メンバーの橋本奈々未だけは不幸話が大好きなこともあり、ただ1人爆笑していた。

 きっとくるぶしが割れていることが証明されたという今回の生田のエピソードが橋本の耳に入った時には、橋本は思わずニヤついてしまうことだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…