女子アナ

「水トちゃんを猛追」ぽっちゃりさんが続々!“アナウンサー女相撲”の勝者は?

 好きな女子アナランキングでは5年連続1位(13~18年、オリコン調べ)で殿堂入り、理想の上司で3年連続1位(17~19年、明治安田生命保険調べ)という女子アナクイーン・水卜麻美アナといえば、その魅力はズバリ包み隠さない安定のぽっちゃり体型が源泉となっている。

 今夏のイベント「超汐留パラダイス」のトークショーでは、先輩の森圭介アナと2人で壇上に現れた水卜アナは好物の角煮の調理、流しそうめん食レポ実況など芸人ばりの実食パフォーマンスを行った。さらに、SNSで受け付けたファンからの質疑にも応答。この日のために新調した浴衣姿の水卜アナに対し、

〈親方、地方巡業の予定はありますか?〉

 という質問が読み上げられると、

「力士じゃねーわ。夏場所じゃねーから、水卜部屋じゃねーから」

 と、女芸人並みのカラダを張った切り返しで当意即妙ぶりを披露したばかりか、

「マジで、質問のセンスが最高ですね~」

 と、喜色満面のコメントでイベントを盛り上げていた。この健康ポチャアナを女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は手放しで賞賛する。

「これまでの美人でかわいい女子アナという既成概念をブチ壊したのが水卜アナです。新人時代は楽しそうに食レポする姿が印象的で、一時はどこまで肥えるのかと心配でしたが、もはや女子アナを超えた横綱級の存在感を放っています」

 この成功例を局がみすみす見過ごす手はない。今や“第2の水卜アナ”の育成シフトを敷いているという。その筆頭となるのは5年目の尾崎里紗アナだ。

「水トちゃんより4センチ小さい低身長のゆるぽちゃアナは8月29日の東京ドームの対広島戦ではチアガールの一員としてグランドに登場。胸の渓谷までのぞくチア衣装で肉感的な美脚を振り上げチアダンスを披露し、チーム圧勝の“ぽっちゃり女神”として貢献しました」(スポーツ紙芸能デスク)

 そして他局でも、「第2の水卜ちゃん」と言うべきぽっちゃり路線アナが大活躍中だという。はたして、彼女たちの中に水トちゃんを脅かすぽっちゃり美女アナはいるのか──。その最新事情を、10月8日発売の週刊アサヒ芸能10月17日号で詳細にレポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意