芸能

意外すぎ!石原さとみ、「ラグビー日本代表大活躍の仕掛人だった」証言

「ONE TEAM」のスローガンのもと、多様なルーツを持つ選手たちが結束力を武器に、世界の強豪国を次々と撃破! 自国開催の大舞台で「ブレイブ・ブロッサムズ(日本代表の愛称)」は、みごとに大輪の花を咲かせた。

 ジャパンの急成長について、ラグビー担当記者はこう話す。

「16年9月にジェイミー・ジョセフ(49)がヘッドコーチに就任してから、選手間のコミュニケーションを大事にしました。現在はリーチ・マイケル主将(31)を中心に10人のリーダーグループを作り、その下に3、4人の選手を配置し、ピラミッド式のシステムを構築。キャリアや出身国に関係なく意見を言い合える環境を作ったことで、孤高の存在だった田村優(30)や中村亮土(28)が喋るようになって、チームは結束力を増したのです」

 前回大会では予選で3勝していながら、決勝トーナメント進出を逃した悔しさも原動力になったことは間違いないだろう。が、そんな中でも「仕掛け人」として大躍進を支えた要因に、

「石原さとみ(32)の存在が関係しているんです」

 そう明かすのはあるスポーツライターだ。なぜ唐突に人気女優の名前が浮上したのか。

 その鍵を握るのは、今年の8月18日から28日まで行なわれた日本代表の網走合宿までさかのぼる。

「29日にW杯登録メンバーが発表されることが決まっていたので、参加した選手41人から10人が落選するサバイバル合宿でした」(前出・スポーツライター)

 ハードな環境下で、「異変」が起きたのはヤマハ発動機ジュビロとの合同練習だった。

「この日は平日練習ということもあり、観客は200人くらい。その観客が集まっている場所を見ていた選手の一人が、『あれ石原さとみじゃないの!』と言い出し、ザワつきました。最初は似ている人かなと思ったそうですが、複数の選手が確認するように顔を見たら、あの美しさは本物だと確信に変わったそうなんです」(前出・スポーツライター)

 東京からおよそ1000キロ離れた地に、しかもわざわざ練習を観に来るとは──。その後、チーム内では石原の「恋人探し」まで始まったそうだが、真実はいかに。10月15日発売の「週刊アサヒ芸能」10月24日号では日本中を勇気づけた代表チームと石原の不思議なエピソードを紹介している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!