芸能

スタントマン唖然!新作映画の綾瀬はるかのバストがさらに成長してるって!?

 令和最初となる大晦の「NHK紅白歌合戦」の赤組司会者に決定した、女優の綾瀬はるか。

「昨年に続き、朝ドラ100本目の記念作品となった『なつぞら』のヒロイン・なつを務めた広瀬すずが本命視されていましたが、大河ドラマ『いだてん』出演の綾瀬が、3回目の司会を務めることになりました。NHKの綾瀬への信頼の厚さがよく分かります」(テレビ関係者)

「いだてん」こそ視聴率は大河ドラマのワースト記録を更新中だが、昨年夏に放送の主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、回を追うごとに視聴率を上げ、最終話では19%超え。全話平均でも14.2%と大ヒットを記録している。同じく主演を務めた17年の「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)も平均12%超えで、先日、20年6月にドラマのその後を描いた劇場版が公開されることが発表された。

「映画の公開に合わせて特別ドラマが放送されるという話もあり、人気シリーズになっていく可能性もありそうです」(前出・テレビ関係者)

 紅白も、そんな綾瀬に視聴率への大きな期待を寄せているのだろう。

 実際、早くも劇場版「奥様は──」の前評判がいいのだ。

「いまや綾瀬は、国内屈指のアクション女優。ドラマでは、あの大きなバストでキレのあるアクションを演じるために、視聴者の視線はその揺れにくぎ付け。後ろ手に捉えられ胸を突き出すようにして緊縛される生唾シーンがあり、全編がバスト名シーンの連続でした。当然、映画ではドラマ以上のシーンが用意されていることが確実です」(映画ライター)

 すでに公開されたメイキングでは、スタントマンを強烈に投げ飛ばし床に叩きつけるシーンがあった。

「強く投げすぎて、カットがかかった瞬間にスタントマンに駆け寄り謝る場面が、いくつもあったそうです。しかし、これは綾瀬のせいではなく、ドラマのときよりも鍛え上げウエストが絞られたことで、より大きく強調されるバストに見とれたスタントマンたちの対応が遅れるためなんていう話まで、漏れ伝わってきます」(前出・映画ライター)

 紅白でも、そんな綾瀬の艶シーンが見られるか。

      (露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱