芸能

スタントマン唖然!新作映画の綾瀬はるかのバストがさらに成長してるって!?

 令和最初となる大晦の「NHK紅白歌合戦」の赤組司会者に決定した、女優の綾瀬はるか。

「昨年に続き、朝ドラ100本目の記念作品となった『なつぞら』のヒロイン・なつを務めた広瀬すずが本命視されていましたが、大河ドラマ『いだてん』出演の綾瀬が、3回目の司会を務めることになりました。NHKの綾瀬への信頼の厚さがよく分かります」(テレビ関係者)

「いだてん」こそ視聴率は大河ドラマのワースト記録を更新中だが、昨年夏に放送の主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、回を追うごとに視聴率を上げ、最終話では19%超え。全話平均でも14.2%と大ヒットを記録している。同じく主演を務めた17年の「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)も平均12%超えで、先日、20年6月にドラマのその後を描いた劇場版が公開されることが発表された。

「映画の公開に合わせて特別ドラマが放送されるという話もあり、人気シリーズになっていく可能性もありそうです」(前出・テレビ関係者)

 紅白も、そんな綾瀬に視聴率への大きな期待を寄せているのだろう。

 実際、早くも劇場版「奥様は──」の前評判がいいのだ。

「いまや綾瀬は、国内屈指のアクション女優。ドラマでは、あの大きなバストでキレのあるアクションを演じるために、視聴者の視線はその揺れにくぎ付け。後ろ手に捉えられ胸を突き出すようにして緊縛される生唾シーンがあり、全編がバスト名シーンの連続でした。当然、映画ではドラマ以上のシーンが用意されていることが確実です」(映画ライター)

 すでに公開されたメイキングでは、スタントマンを強烈に投げ飛ばし床に叩きつけるシーンがあった。

「強く投げすぎて、カットがかかった瞬間にスタントマンに駆け寄り謝る場面が、いくつもあったそうです。しかし、これは綾瀬のせいではなく、ドラマのときよりも鍛え上げウエストが絞られたことで、より大きく強調されるバストに見とれたスタントマンたちの対応が遅れるためなんていう話まで、漏れ伝わってきます」(前出・映画ライター)

 紅白でも、そんな綾瀬の艶シーンが見られるか。

      (露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!