芸能

アッという間にお蔵入り!沢尻エリカ逮捕で超レアとなった企業CMの“評判”

 週末の夕方に速報で流れた沢尻エリカ容疑者の逮捕は、世間に大きな衝撃を与えた。

 11月16日、沢尻容疑者は、法律違反の薬物所持によって警視庁組織対策5課により逮捕された。

「警視庁では1カ月ほど前にもたらされた情報提供をもとに内偵捜査を進め、16日の8時過ぎに、東京都目黒区の母親と住む沢尻容疑者の自宅を捜索。自室のアクセサリーケースに入ったジッパー付きの袋の中に薬物が入ったカプセルを発見し、鑑定の結果、これが法律違反の薬物であることが判明したため、緊急逮捕に至ったといいます」(社会部記者)

 沢尻容疑者は逮捕前日の夜から六本木のクラブを訪れており、警視庁では薬物の入手ルートを調べるとしているが、とにもかくにも、沢尻容疑者がドラマ、映画、CMに引っ張りだこ状態だっただけに、業界へ与えた衝撃は大きすぎた。

「NHKでは、来年に放送される予定の大河ドラマ『麒麟がくる』で、主演の長谷川博己が演じる明智光秀の姻戚で織田信長の正妻・濃姫という重要な役なだけに、大混乱に陥っています。すでに撮影は6月あたりから始まっており、10回分程度は撮り終わっており、代役を立てるにも厳しい状況にあります」(テレビ誌記者)

 CMでは現在、P&Gの「レノアハピネス」、求人サイト「Indeed Japan」に出演していたが、とりわけIndeedについては、惜しむ声が広がっている。

「新CMが15日からスタートしたばかりで、逮捕当日も対処しきれずに流れてはいましたが、すでに企業公式サイトからは削除され、あっという間のお蔵入りになってしまいました。そのIndeed新CMの『やってみた』編では、泉里香との共演で、TikTok風のシンクロダンスを披露。キス顔も見せるキュートぶりに、《可愛すぎる!》と評判も上々だっただけに残念でなりません。公開されていたメイキングでも、撮影の感想について『こういうのやったことないんで…恥ずかしかったけど楽しかったです』と打ち明ける彼女の姿は非常に好感が持たれていたことから、逮捕に落胆した人は多かったようです」(夕刊紙記者)

「大バカ者」としか言いようがない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」