芸能

舞台裏でバックから…丸山桂里奈の「性豪ストライカー伝説」を大放出!

 2011年のサッカー女子W杯準々決勝で決勝ゴールを叩き込み、なでしこジャパンの優勝に貢献した美人ストライカー、丸山桂里奈(36)は、もはやすっかり人気タレントに。バラエティーで“爆笑ゴール”を量産する裏には、日本代表クラスのムラムラ欲求が隠されていた。バラエティー番組のスタッフが明かす。

「スタジオの裏でいきなり後ろからギューッと抱きしめられて仰天しましたよ。聞けば、被害者は他にもたくさんいるとか」

 バックからの急襲となれば、逆「性的ハラスメント」で大問題にも発展しかねないが…。

「天然そうに見えて、きちんと相手を選んでいるんです。大御所のタレントさんやスポンサー関係者ら問題になりそうな人物はターゲットから除外しているそうです。また、丸山は共演したタレントに手紙を書くことで有名ですが、前もって『背後に注意してください』と、テロ予告とも取れる一文を入れているので、シャレで済んでいるのかもしれませんね」(前出・スタッフ)

 そんな丸山は昨年には198本もの番組に出演し、同年の「2018ブレイクタレントランキング」(ニホンモニター調べ)で3位に食い込んだ。その勢いは今年に入っても衰えず、テレビで見ない日はないほど。

 芸能評論家の三杉武氏が人気の秘密を分析する。

「なでしこジャパンで国民栄誉賞を獲得したエリートアスリートであるにもかかわらず、偉ぶることなく、どんな仕事も引き受ける器の大きさがブレイクにつながったのでは。下ネタ発言も丸山が言うと、それほどドギつく聞こえないため、女性ウケもいいですからね」

 11月26日発売の「週刊アサヒ芸能」12月5日号ではそんな丸山の魅力を大解剖。過去のぶっ飛び艶発言とともに総括している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」