芸能

さんま・松本人志「木下優樹菜騒動に言及」で改めて判明したフジモンの窮地!

 11月23日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)でパーソナリティーを務める明石家さんまや、翌日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でのコメンテーター・松本人志による木下優樹菜や、夫・藤本敏史についての言及が、話題を呼んでいる。

 さんまは、“タピオカ店恫喝騒動”で18日から活動自粛となっている木下に触れ、「今、吉本的にタピオカの話できないんよ…乗ったらフジモンの所に行ってまうやろ」「思えば(FUJIWARAの)原西が来て“宮迫さんのこと心配してる場合じゃないです、ボクの相方のこと心配してください”と」などと、同じ吉本興業のフジモンの現状を打ち明けた。

 一方の松本も、そのフジモンについて、「これで(木下のネタが)取り扱われるようになって、ちょっとホッとしていると思いますよ。今までは触れるに触れられなかった。今までは現場でも多少言っていたらしいんですけどカットされるし」としている。

「松本が言うように、木下の騒動については、実姉が勤務していたタピオカ店の店長に向けた恫喝めいたメールが店関係者により暴露されて大炎上していた件について、各テレビ局ほか大手マスコミはいっさい触れない姿勢を貫いていました。それが一転、所属事務所が活動自粛を発表したとたん、その箝口令は解除されたようで、セキを切ったように伝え始めている。さんま、松本の今回の話からも、その間のフジモンの苦悩ぶりが十分に伝わってきます」(夕刊紙記者)

 しかし、大炎上から1カ月以上が経ち、この件について、そうした視聴者からもわかってしまうようなアンタッチャブルな扱いをしたことで、この問題は、今後もフジモンの足をかなり引っ張ることになりそうだ。

「何せ完全にダンマリを決め込んでしまった期間が長過ぎましたよ。今さら木下の話が“解禁”になったところで、急にフジモンがネタとして話しても痛いばかりです。しかも、少しでも木下を擁護するような発言をすれば火に油を注ぐこととなり、かと言って、まったく触れないのも違和感がある。芸人としては、かなりやりづらい状況にありますよ」(制作会社関係者)

 松本いわく、「正直ちょっと臭い物にふたをした感は否めない」と暗に対応ぶりを批判していたが、このままでは、それが結果的に夫婦そろっての共倒れを導きかねない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?